ウッドフローリング仕様が斬新! ハーツが手掛ける30アルファード後期の内外装カスタムプロジェクト

ウッドフローリング仕様が斬新! ハーツが手掛ける30アルファード後期の内外装カスタムプロジェクト

ウッドフローリング仕様が斬新! ハーツが手掛ける30アルファード後期の内外装カスタムプロジェクトの画像

ハーツのミニバンシリーズ第2弾は
アルファード後期エアログレード
Hearts/ALPHARD
ハーツ/アルファード(30系後期・エアログレード)

ハイエースのカスタムでおなじみハーツが、シリーズ初となるミニバンを手掛けたのが、昨年12月のヴェルファイア後期エアログレード。今回ミニバンシリーズ第2弾となるアルファード後期エアログレード用をリリースした。エアロパーツはヴェルファイア同様、薄いフラップタイプ(フリッパー)となっていて、純正フォルムを崩すことなくスポーティな魅力をプラスする仕様。パーツ構成はフロント、サイド(6P)、両サイドへ設置するリア(2P)、リアウイングで、横から見ると純正ボディの厚みを少しだけ増したかのようなシルエットとなっていて、ローダウンしても走行に支障の出ない実用性も兼ね備えている。さらにウッドフロ

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)