歴代アウトバックのサイズを比較してみた

歴代アウトバックのサイズを比較してみた

歴代アウトバックのサイズを比較してみたの画像

北米仕様2020年モデルは全幅1855mm

日本時間の18日未明の0時15分にワールドプレミアとなった新型アウトバック。
北米仕様が2019ニューヨーク国際オートショーで登場しました。

国内導入については未発表ですが、初代BP型アウトバック(国内)から現在日本で販売されているBS型アウトバックまでとサイズを比較してみました。
初代と較べると、新型アウトバック(北米仕様)は、全長で130mm、全幅で85mm、全高で135mm大きくなったことになります。
ちなみに3代目となるBS型アウトバックも北米登場時の全高は1680mmでした。
これは最低地上高が220mmであることと、大きなルーフレールの分なので、国内仕様では200mmにおちつくかもしれません。

大きくなったとはいえ、アイ

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)