50系プリウス後期がスポーティに大きく変わるエアロカスタム

50系プリウス後期がスポーティに大きく変わるエアロカスタム

50系プリウス後期がスポーティに大きく変わるエアロカスタムの画像

立体造形で魅せる、進化形ハーフ

ROWEN/PRIUS RR
ロェン/プリウス RR(50系後期)

国内外の高級スポーツカーやSUV、さらにワンボックスと、精力的にエアロを発表するロェンはハイブリッドにも滅法強い。

ことプリウスに関しては、50前期はもちろん、30系の支持も根強いなど、業界で広くその名を知られた大御所だ。

最新の後期はバンパー形状の変更にあわせ前後スポイラーを刷新しているが、ひと目でロェンと分かる凹凸感に富んだ3Dフォルムは健在。塗り分けによりフロントリップを別体風に魅せることも可能と、スポーツを地でいく仕上がりとなっている。

一方のリアは、テールから分離されたリフレクターを囲む手法で、明確に純正との違いを追究。得意とする動的フォルムを独自の手法で表現した。
バン

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)