56RACING 若手3名起用で2018チーム体制発表

56RACING 若手3名起用で2018チーム体制発表

記事画像

元MotoGPライダーの中野真矢さんが率いるレーシングチーム、「56RACINGチーム」の2018年体制発表のお披露目が56designショップにて行われた。56RACING チームは若手ライダーの育成及びモータースポーツ業界の発展に貢献するべく、レース活動を行うと発表。選手やチームの近況、レース結果は<56design>のサイトで確認できる。

ライダープロフィール

・埜口遥希選手 16歳 高校1年生
アジアタレントカップ出場及び、全日本選手権GP-3クラス筑波サーキット、岡山国際サーキットのレースに参戦。

・松山拓磨選手 13歳 中学1年生
アジアタレントカップ出場及び、筑波サーキット、ツインリンクもてぎ、鈴鹿サーキットの地方選手権にスポット参戦。筑波サーキットで行われる全日本選手権GP-3クラスにも挑戦。

・梶山采千夏選手 15歳 中学3年生
今シーズンからチームに加入し、CBR250Rドリームカップ筑波サーキット大会に出場し、全国大会が行われる鈴鹿サーキットでのグランドチャンピオンシップ大会出場を目指す。

松山拓磨選手は発表会の前、マレーシアで行われたアジアタレントカップの練習走行中の転倒で骨折し、やむなく帰国。現在地元の病院に入院中だ。6月のレース復帰を目指し、治療に専念している。

また、今週末の土曜日には、梶山采千夏選手が筑波サーキットCBR250Rドリームカップでデビュー戦を迎える予定だ。
まだあどけない表情の3人。今シーズンの活躍から目が離せない!

尚、昨年まで在籍した櫻井芽依選手は、めでたくチームを卒業し、キジマKISSレーシングからJP250クラスを戦う事となった。合わせて今シーズンの応援をしていこう。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)