トヨタ、工場における水素利活用を加速 元町工場にFCフォークリフトを導入

トヨタ、工場における水素利活用を加速 元町工場にFCフォークリフトを導入

記事画像

トヨタ自動車は、愛知県豊田市の元町工場に、豊田自動織機製の燃料電池フォークリフト(以下、FCフォークリフト)を、3月16日までに20台導入するとともに、元町工場内にFCフォークリフト専用の水素ステーションを新設した。2017年1月31日に元町工場へトヨタとして初めて導入した2台のFCフォークリフトと合わせ、元町工場へのFCフォークリフト導入台数は合計22台となった。

水素を燃料として発電して稼働するFCフォークリフトは、稼動時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能と、3分程度で燃料充填が完了するなど高い利便性を備えている。さらに、外部給電機能により災害などの非常時に電源としても活用が可能だ。

トヨタは、「トヨタ環境チャレンジ2050」の「工場CO2ゼロチャレンジ」の達成に向けて、低CO2生産技術の開発・導入や日常のカイゼン活動に加えて、工場での再生可能エネルギーや水素利用に取り組んでおり、今回のFCフォークリフト導入もその一環だ。
今後も、「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向け、現在使用しているエンジン式フォークリフトをFCフォークリフトに置き換えていく予定で、2020年頃までに元町工場へ170〜180台のFCフォークリフトを導入する予定である。さらに、元町工場以外の工場でもFCフォークリフトの導入・利用を推進していく。
なお、今回追加導入したFCフォークリフト20台は、環境省・経済産業省連携事業である「水素社会実現に向けた産業車両の燃料電池化促進事業」を活用して導入したものだ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)