住友商事:浪江町における「使用済みEV用バッテリーの再製品化専用工場」の開業について

住友商事:浪江町における「使用済みEV用バッテリーの再製品化専用工場」の開業について

記事画像

日産自動車と住友商事の合弁会社であるフォーアールエナジーは、 電気自動車(EV)の使用済みリチウムイオンバッテリーの再利用および再製品化に特化した日本初の工場を福島県双葉郡浪江町に開所した。

地球温暖化等の環境課題を背景に、EVは急速に世界中で普及している。日本においては、1998年よりEV購入時の補助金交付が実施されており、日本国内におけるEV販売は2010年頃に本格化した。補助金利用者のEV買い替え等が見込まれる2018年を境に、EV搭載のリチウムイオンバッテリーの回収個数は大きく増加すると考えられる。今後、世界の自動車市場はEVシフトが急速に進むことが見込まれることから、将来的なバッテリー材料市況の高騰などの経済的課題だけではなく、環境課題や社会課題の面からも、EVリユースバッテリーの利活用が注目されている。

フォーアールエナジーは、使用済み車載用リチウムイオンバッテリーの有効活用に着目し、2010年に日産自動車と住友商事によって設立されて以来、再利用や再製品化のノウハウを蓄積してきた。フォーアールエナジーは、使用済みバッテリーの性能を短時間で測定できる技術開発に成功しており、当該技術を活用し、全国から回収した使用済みバッテリーの再利用・再製品化ビジネスを本工場にて開始する。

本工場は、浪江町の藤橋産業団地内(2,447.97m2 )に整備され、グローバルな開発拠点としての機能と製造拠点としての機能を有し、国内初の再利用・再製品化拠点となる。製造される製品としては、世界初(フォーアールエナジー調べ)EV向け交換用再生電池をはじめとし、大型蓄電システムや電動フォークリフト等に使用される予定。 本工場は、東日本大震災後に浪江町が整備している企業立地の第一号であり、地域経済再生や町の発展にも寄与していく。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)