ポルシェが「ミッションE拡張現実(AR)」アプリを発表

ポルシェが「ミッションE拡張現実(AR)」アプリを発表

記事画像

ポルシェは、Googleとの提携の一環として、未来のテクノロジーを仮想体験するために、ポルシェ初のフル電動スポーツカー、ミッションEが表示される拡張現実(AR)アプリを開発した。このアプリは、各種のビューモードを備えており、ミッションEをデジタル体験できる。アプリはGoogle PlayまたはApple App Storeから無料ダウンロードが可能で、AndroidまたはiOSオペレーティングシステムを搭載したAR対応スマートフォンで使用する。

ポルシェ ミッションEは、2019年末までにヨーロッパで発売される。新たなミッションEの拡張現実(AR)アプリによって、フル電動スポーツカーのテクノロジーへ革新的なアプローチが可能になる。「ファンの皆様に、ポルシェ初のフル電動スポーツカーの仮想体験を提供します。拡張現実(AR)によって、新しい自動車テクノロジーの複雑な技術を、鮮やかな感動を通して表現することができます。ポルシェのお客様に、早い段階から未来のテクノロジーへの親しみと興味を感じていただくことは非常に重要です。しかもこのアプリは、時間や場所を選びせん」とポルシェAGマーケティング部門のダイレクター、キェル・グルーナーは述べている。

拡張現実(AR)アプリによってコンセプトスタディモデル、ミッションEのさまざまなビューを選択することが可能。例えばミッションEを仮想的に室内に設置した後、アプリの動画で車両のエアロダイナミクスをシミュレーションできる。X線ビューは、軽量設計ボディの下部を見せることによって、駆動システムとバッテリーのテクノロジーを可視化する。車両はお好みのカラーで表示。もちろん、拡張現実(AR)のインタラクティブドライビングモードを使用して試乗することも可能だ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)