富士通:サーバシステムのTCO削減を実現する「液浸冷却システム」を販売開始

富士通:サーバシステムのTCO削減を実現する「液浸冷却システム」を販売開始

記事画像

富士通は「FUJITSU Server PRIMERGY 液浸冷却システム」を、6日より日本国内で販売開始し、順次グローバルに展開していく。本製品は、サーバを冷却液に浸すことで、サーバ全体を偏りなく効率良く冷却するよう設計された冷却システム。大規模な冷却設備が不要になるため、従来の空冷システムに比べてサーバシステム全体の消費電力を約40%削減(注1)し、設置スペースあたりのサーバ集積密度を約2倍(注2)にできる。同社は今後も、液浸冷却技術を活用して高性能なサーバシステムを実現することで、顧客のビジネス革新を支援していく。

 大量のデータを処理するIoTやAI(人工知能)といった新技術が普及を続ける中、そのシステム基盤となるサーバはさらなる高性能化が求められている。一方で、高速処理で発生するサーバの発熱量の増大に伴い、その冷却にかかる電力や設備スペースの増加が問題となっており、仕組みの改善が急務となっている。

液浸冷却システムの特長

1.高効率な冷却技術による大幅な低消費電力化と省スペース化
サーバを高い伝熱特性と絶縁性を持つ液体に浸すことで、サーバ全体を偏りなく効率良く冷却できる。また、サーバが発する熱が室内に排出されないため、サーバルームなどの空調設備を必要としないほか、サーバに内蔵する冷却ファンも不要とすることで、PUE(注3)値1.07という高い電力効率を実現する。これらにより、空冷システムに比べて冷却設備を含めたサーバシステム全体の消費電力を約40%削減するとともに、設置スペースあたりのサーバ集積密度を約2倍にすることができ、TCO削減に貢献します。

2.容易なメンテナンスを実現
 富士通が独自開発した密閉性の高い液浸槽により、冷却液の揮発を最小限に防げる。また、冷媒として使用する冷却液は不燃性かつ人体にも無害で、品質が劣化せず定期交換が不要なため、メンテナンスも容易だ。

3.設置からアフターサポートまでワンストップで提供
液浸槽やCDU(注4)の設置から配管工事、サーバの運用保守作業、設備のメンテナンスなどのアフターサポートまで、富士通がワンストップで提供。また、本製品は同社が提供するPCサーバ「Fujitsu Server PRIMERGY」シリーズのオプションとして提供(注5)するため、今後の最新モデルを液浸システムに組み込める。

 本製品はインド工科大学 デリー校様の生命情報科学や生物学向け計算センターのPCクラスタに採用されており、低消費電力による運用コストの削減や、研究室に隣接して設置可能な高い静音性、高効率の冷却による高い演算処理性能の維持を実現できることが評価されている。

 冷却液に浸されたサーバは外気に触れることがないため、従来はサーバの設置に適さなかった、高温多湿な地域や空気中に油分や塵埃が含まれる製造現場、塩害の恐れがある臨海地帯など様々な環境に設置することが可能になる。同社は今後、液浸冷却技術を活用してこれまでにない場所での高性能サーバシステム構築を実現することで、顧客のさらなるビジネス革新を支援していく。

 希望小売価格は2000万円より。提供開始時期は2018年11月末。販売目標は2020年度末までに100システム。(サーバなどのICT機器本体の価格を除いたもの)

注1 サーバシステムの消費電力を約40%削減:
マルチノードサーバ「PRIMERGY CX2560 M4」96台で構成したサーバシステムにおいて、空冷式の空調設備やサーバ内の冷却ファンの消費電力を同構成の液浸冷却方式と比較検証したもの。なお、削減効果は設置環境によって異なるため、顧客環境での消費電力削減値を保証するものではない。

注2 設置スペースあたりのサーバ集積密度を約2倍:
マルチノードサーバ「PRIMERGY CX2560 M4」80台で構成したサーバシステムにおいて、空冷式でラック4台が必要だったのに対し、液浸冷却方式では液浸槽2台に集約可能であることを検証したもの。なお、改善効果は設置環境によって異なるため、顧客環境でのサーバ集積密度を保証するものではない。

注3 PUE:
Power Usage Effectiveness。ICT機器の消費電力と冷却設備などの付帯設備の消費電力の合計を、ICT機器の消費電力で割った値で、データセンターやサーバルームのICT機器の電力使用効率を示す指標。「PUE=1.0」はすべての電力がICT機器に使われ、冷却設備などで電力を消費しないことを意味する。なお、本稿でのPUEは同社設備での実測値であり、設置環境によって値が異なるため、顧客環境でのPUE値を保証するものではない。

注4 CDU:
Coolant Distribution Unitの略。備えられたポンプでサーバ浸漬用の冷却液を循環させ、熱交換器により冷却水への熱移動を行う装置。

注5 「PRIMERGY」シリーズのオプションとして提供:
現行の「PRIMERGY CX 2550 M4」「PRIMERGY CX 2560 M4」「PRIMERGY CX 2570 M4」「PRIMERGY RX 2530 M4」を含む、今後提供する2ソケットのマルチノードサーバおよび1Uラック型サーバが対象。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)