レガシィアウトバックとパサートオールトラック。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

レガシィアウトバックとパサートオールトラック。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

記事画像

かつてほど人気はないステーションワゴンだが、SUVやミニバンを凌ぐ広大な荷室空間はレジャーを楽しむ人には欠かせない魅力だ。さらに悪路を走れるモデルは希少だ。国産車ではスバル・レガシィアウトバックの独壇場であり、輸入車でも数えるほどであり、価格も含めればフォルクスワーゲン・パサートオールトラックがガチンコのライバルとなる。いずれも認定中古車で200万円台だ。

 レガシィアウトバックは、セダンのレガシィB4がベースのワゴンであり、荷室はセダン(525L)よりも多く559Lを誇る。さらに、全高を105mmアップしたほか、最低地上高は200mmを確保する。18年9月に施された改良でEyeSightのプリクラッシュブレーキ制御が進化したが、デビューした14年10月時点でもEyeSight(ver.3)は標準装備されていた。エンジンは2.5L水平対向で、駆動方式は全車4WD。「X-MODE」を搭載し、SUV顔負けの悪路走破性をもつ。

 フォルクスワーゲンのパサートにはセダンのほかにも、ワゴンの「ヴァリアント」がある。その「ヴァリアント」をベースに最低地上高を45mm高めたほか、ボディ下部を樹脂パーツで覆うことで見た目のSUVテイストも強めたのが「オールトラック」だ。パワートレーンは2.0L直4ターボに6速DCT。ハルデックスカップリングによる4WDを採用する。

 まずは、全体のサイズ比較から。

レガシィアウトバックリミテッド 全長×全幅×全高:4815×1840×1605mm ホイールベース:2745mm

レガシィアウトバックリミテッド
全長×全幅×全高:4815×1840×1605mm
ホイールベース:2745mm
車重:1580kg
エンジン:水平対向4気筒DOHC
排気量:2498cc
最高出力:175ps(129kW)/5800rpm
最大トルク:235Nm(24.0kgm)/4000rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.5
JC08モード燃費:14.6km/?
車両本体価格:340万2000円

パサートオールトラック TSI 4MOTION 全長×全幅×全高:4785×1820×1560mm ホイールベース:2710mm

パサートオールトラック TSI 4MOTION
全長×全幅×全高:4785×1820×1560mm
ホイールベース:2710mm
車重:1670kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
排気量:1984cc
最高出力:211ps(155kW)/5300-6200rpm
最大トルク:280Nm(28.6kgm)/1700-5200rpm
トランスミッション:6速DCT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.3
JC08モード燃費:11.6km/?
車両本体価格:518万4000円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

レガシィアウトバックリミテッド

パサートオールトラック TSI 4MOTION

レガシィアウトバックリミテッド

フロア手前の最大幅は1330mmと広く、通常時でも余裕の容量。後席の可倒機構はシングルフォールドながら、ほぼフラットなフロアを実現。

パサートオールトラック TSI 4MOTION

幅よりも奥行きで容量を稼ぐレイアウト。後席は6対4分割可倒式だが、センタースルーも可能。ダブルフォールディングのため拡大時の奥行きはアウトバックより狭い。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)