トヨタがアジア各国のアスリートをサポートし社会課題に取り組む活動を開始

トヨタがアジア各国のアスリートをサポートし社会課題に取り組む活動を開始

記事画像

トヨタは9月13日、アシア8ヵ国12名のオリンピック/パラリンピック有力候補アスリートを「グローバルチームトヨタアスリート」としてサポートすることを発表した。

「クルマ会社」から移動に関わるさまざまなサービスを提供する「モビリティカンパニー」への変革を目指しているトヨタ。グローバル企業チャレンジ「Start Your Impossible」は、同社の企業としての新たなチャレンジを全社で共有、広く社会や顧客に伝えるべく昨年秋に発表したものだ。

 アジアでの本チャレンジにおいて、トヨタはシンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、インド、ベトナム、パキスタンの12名のオリンピック・パラリンピック有力候補アスリートをサポート。2020東京大会に向けてスポーツに関わる活動を支援するだけでなく、アスリートごとにテーマを設定し、ともに社会課題に取り組む「トヨタ・ヒーロー・プロジェクト(Toyota Hero Project)」をスタートさせる。



 トヨタ常務役員である松田 進は「トヨタは、“すべての人に移動の自由を”というモビリティカンパニーとしての新たな決意のもと、世界中のあらゆる人が安全・安心で、自由に移動を楽しむことができるモビリティ社会の実現に向けてチャレンジしていきます。さらに、身近なことから「一歩」を踏み出すことをテーマに、各国の素晴らしいアスリートの方々とともに、アジアの様々な社会課題に取り組んでいきたいと思います」と語った。

このプロジェクトの詳細は、下記のオフィシャルページ(英語のみ)にて見ることができる。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)