川崎重工、米国工場で初となるボーイング社向け民間旅客機用貨物扉を完成

川崎重工、米国工場で初となるボーイング社向け民間旅客機用貨物扉を完成

記事画像

川崎重工は、9月17日(アメリカ現地時間)、ボーイング社の民間旅客機用の貨物扉を、米国・ネブラスカ州の現地法人Kawasaki Motors Manufacturing Corp., U.S.A.のリンカーン工場で初めて完成ささせたと発表した。同日、リンカーン工場ではこれを記念して出荷式を行ない、ボーイング社の関係者やネブラスカ州知事などをはじめとする約80名が出席した。

 川崎重工は、2017年5月に同社初となる米国の航空機部品製造拠点として、リンカーン工場内にボーイング777Xおよび777用貨物扉の製造ラインを設置した。今回、最初の貨物扉を完成させた。完成したボーイング777用の貨物扉は、縦2.6m、横3mのアルミ合金製で、ボーイング社のエバレット工場(ワシントン州)に出荷される。今後リンカーン工場では、ボーイング社の最新鋭民間旅客機であるボーイング777X用貨物扉の製造を進め、2019年2月から出荷を開始する予定だ。

 リンカーン工場の航空機部品製造ラインでは、繊細かつ正確な塗装が可能な川崎重工製塗装ロボットや、打鋲の対象範囲が拡大したオートリベッター(自動打鋲機)などの最新鋭設備を活用した自動化を推進している。また、長年の量産品事業で培ってきたKPS(カワサキ・プロダクション・システム)の適用により、高品質かつ効率的な生産体制を構築するとともに、米国産の資材・部品の現地調達等により、輸送費やリードタイムの削減に取り組んでいる。さらに、2017年2月に名古屋第一工場内に新設した777X組立工場(ボーイング777X用の前部胴体や中部胴体の製造を担当)と同様に、将来のスマートファクトリー化に向けたICT/IoTなどのインフラ整備も計画している。

□Kawasaki Motors Manufacturing Corp., U.S.A. の概要
?@設??? ?立:1981年12月21日
?A所 在 地:米国 ネブラスカ州 リンカーン市
?B資 本 金:170,000千米ドル(川崎重工100%出資)
?C事業内容:航空機用部品、四輪バギー車、レクリエーショナル・ユーティリティ・ビークル、多用途四輪車、パーソナルウォータークラフト「ジェットスキー」、汎用ガソリンエンジン、鉄道車両の製造

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)