広島カープ3連覇で勢いに乗るマツダが、社会福祉団体にCX-8を贈呈

広島カープ3連覇で勢いに乗るマツダが、社会福祉団体にCX-8を贈呈

記事画像

マツダがカープファンとともに盛り上げる社会貢献活動は球場来場者が100万人を超えるごとに福祉団体にマツダ車を贈呈する

 昨日球団記録であるリーグ優勝3連覇を決めた広島カープの人気の高まりとともに、球場に訪れるファンも急増の一途。
毎試合多くのファンが球場全体を真っ赤に染め上げる「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」が本年6月10日に累計来場者1700万人を達成した。
 これを受けマツダは、広島市安佐北区の「社会福祉法人 やぎ」にCX-8を贈呈することを決定した。

 この取り組みは、マツダが広島市民球場の命名権に応募した際に、社会貢献活動のひとつとして広島市に提案したもので、2009年以降の来場者が100万人を達成するごとに、社会福祉法人 広島社会福祉協議会により選定された社会福祉団体に、マツダ車を一台贈呈するもの。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)