パイオニア:MEMSミラー方式「3D-LiDARセンサー」 の提供を開始

パイオニア:MEMSミラー方式「3D-LiDARセンサー」 の提供を開始

記事画像

パイオニアは、 MEMSミラー方式で計測距離が異なる「3D-LiDARセンサー」 3種4モデルの提供を、 9月下旬より順次開始する。

 3D-LiDARセンサーは、レーザー光で対象物までの正確な距離を測定し、遠方や周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握できるため、レベル3以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスと言われている。パイオニアは、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型かつ低コストな3D-LiDARセンサーの開発を進めており、2017年の9月以降検証用サンプルを国内外の企業に提供した。

 このたび提供を開始する3D-LiDARセンサーは、駆動部のないMEMSミラーを用いたラスタースキャン方式で、長距離測定用の「望遠タイプ」、中距離用の「標準タイプ」、近距離用の「準広角タイプ」と計測距離の異なる3種類を揃えている。また、標準タイプには3D-LiDARセンサーを2台組み合わせた計測幅の広い「デュアルタイプ」も用意している。使用用途に合わせて異なるタイプを組み合わせることも可能で、車両など実際に使用する環境に設置して動作検証を行える。

 パイオニアが開発している3D-LiDARセンサーは、小型・軽量化と高い耐久性の実現が可能とされる、駆動部のないMEMSミラーを採用している。汎用部品の活用など柔軟なシステム構成にすることで量産時のコストダウンを目指すとともに、独自のデジタル信号処理技術と最適化したアルゴリズムを用いることで、黒色の物体や遠方物体に対する計測能力を高めている。また、さまざまな顧客ニーズに対応するために、ラスタースキャン方式の「望遠」「標準」「準広角」タイプ、ウォブリングスキャン方式の「広角」タイプの開発を進めている。

 また、3D-LiDARセンサーの開発とともに、自動運転用地図の開発を行っている。これらを活用して一般車両から周辺情報を自動的に収集し、自動運転用地図を更新・配信する効率的な地図更新システム「データエコシステム」の構築・提案を行っている。

 パイオニアは、自動車関連やICT、その他幅広い業種の企業向けに本機を提供し、さまざまなニーズにおける仕様などの検討を行うとともに、本機を用いてより精度の高い物体認識アルゴリズムおよび自車位置推定アルゴリズムの開発を進める。早期に実現が見込まれる限定エリアでの自動運転レベル4向けの車両や、その先の一般道での自動運転レベル3向け車両への搭載および次世代GISサービスなどへの活用を目指す。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)