ヴァレオの高速道路用自動運転車Cruise4Uが日本一周の「ハンズオフ ツアー」に出発

ヴァレオの高速道路用自動運転車Cruise4Uが日本一周の「ハンズオフ ツアー」に出発

記事画像

ヴァレオの高速道路用自動運転車Cruise4Uが1日、日本を一周する6,700キロのドライブ「ハンズオフ ジャパン ツアー」を開始する。ヴァレオジャパン・つくばテクノセンターを出発し、北海道まで北上したのち、本州を縦断して鹿児島まで南下し、四国を経て、つくばテクノセンターに10月中旬に到着する予定。

 このCruise4Uは、ヴァレオの360°全周検知システムを備えている。複数台のヴァレオ・レーザースキャナーSCALAとフロントカメラ、4台のサラウンドビューカメラと4台のレーダーにより、10センチから200メートル先にある障害物まで検知する。高性能なソフトウェアが、センサー類の全情報をリアルタイムで処理し、運転操作に反映する。

 このハンズオフジャパンツアーは、ヴァレオが開発した渋滞追従や高速での追従など一定の状況でドライバーの代わりに運転操作を担うソフトウェアを実際の道路状況の中でテストする絶好の機会となる。この日本一周走行によって最新のセッティングを検証・調整することで、自動運転を将来的に誰にでも手が届くソリューションにしていくことができるだろう。

 このツアーの実施にあたっては、ヴァレオの厳格な安全規定を適用している。ハードウェア、ソフトウェア面での安全対策に加えて、全行程において訓練を受けたヴァレオのシステムエキスパート2名が乗車する。彼らは道路状況と車の挙動を常に注視し、必要であればいつでも自ら運転し、周辺の道路利用者の安全を確保する。

ヴァレオSCALAレーザースキャナーとCruise4U

 Cruise4Uのシステムを実現しているキーテクノロジーが、ヴァレオSCALAレーザースキャナーである。車の前方向をスキャンし、先行車、バイク、歩行者、街路樹、駐車している車やガードレールなどの障害物を高い精度で検知する。昼も夜も作動し、高速でも低速で走行している時にも機能する。これらの収集したデータを利用し、スキャナーは車の周辺のマップを生成して分析し、車両の周囲で何が起きるかを予測する。ヴァレオSCALAは、量産車向けの厳しい規格を満たして上市された最初の3Dレーザースキャナーであり、2017年にドイツのプレミアムブランドの車に搭載され、2018年のPACEアワードを受賞している。

 ヴァレオCruise4Uハンズオフジャパンツアーは、これまでに実施したフランス一周、米国一周、欧州一周、パリ環状道路24時間連続走行で蓄積した技術と経験を生かして実施される。

 今回のハンズオフジャパンツアーで日本を一周するCruise4Uは、ヴァレオジャパンのR&Dチームがつくばテクノセンターで組み立てた。欧州、米国での実績をベースに、日本列島を縦断する長距離ドライブを実施することで、ヴァレオは高速道路、トンネル、長い橋などの日本特有のインフラの中で技術を検証してデータを蓄積し、日本のニーズに応える自動運転技術の開発をさらに加速させていく。ヴァレオCruise4Uは、高速道路での長距離走行や渋滞時に車に運転を委ねるという快適で便利な体験をもたらす。条件が整うと、ドライバーは自分で車を運転しつづけるか、ヴァレオCruise4Uにステアリングを委ねて加減速を行うのを見守ることにするかを選ぶことができる。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)