アストンマーティン・ヴァンテージとDBSスーパーレッジェーラが「ベスト・スポーツカー」「ベスト・デザインカー」部門のアワードを獲得!

アストンマーティン・ヴァンテージとDBSスーパーレッジェーラが「ベスト・スポーツカー」「ベスト・デザインカー」部門のアワードを獲得!

記事画像

アストンマーティンは、英国の『The Sun』および『Sunday Times』誌が初開催した、ファン投票にて決定するMotor Awards 2018で、アワードをダブル受賞したと発表した。

 このアワードは、News UKの自動車専門家から構成される委員会が、各部門にノミネートされるクルマを選出した後、読者によるファン投票が実施して決定する。「ベスト・スポーツカー」部門では、サーキットで圧倒的な速さを誇り、公道でもドライバーを魅了するクルマが委員会によって選ばれたという。委員会はヴァンテージについて、「史上最高のアストンマーティンであると同時に、英国の誇りを感じさせる、完成の域に達したスポーツカー」と評し、フェラーリ488 Pista、アルピーヌA110、ポルシェ911 GT3 RS、アウディRS4といったライバルと激しい得票数争いを演じた末に、1位に選出された。

 芸術の域に達した美しさ、調和の取れたインテリアとエクステリア、最高の素材のみを使用したクルマを選考対象とするという「ベスト・デザインカー」部門。ここでアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラがアワードに輝いた。この部門でも、ベントレー・コンチネンタルGT、フェラーリ・ポルトフィーノ、レクサスLC、ボルボS90といった強豪を押しのけての受賞となった。

 アストンマーティン副社長兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンは「自動車業界でアワードを受賞することは、いつでも大変素晴らしいことですが、ファン投票で選ばれることは特別な名誉です。私たちは、ヴァンテージとDBS スーパーレッジェーラの開発に当たって、それぞれのクルマ独自の課題に取り組みました。新型ヴァンテージは、ヴァンテージ史上もっともパワフルで挑発的なデザイン言語を特徴としています。そのデザインは、ハンターとしての本能、真のスポーツカーを表現しています。その一方で、DBS スーパーレッジェーラは、“スーツを着た野獣”というニックネームで呼ばれています。このクルマは、圧倒的な存在感と息を呑むようなパフォーマンスを実現しています。多くの人々が、私たちと同じようにこれらのクルマのデザインを愛してくれていることを大変嬉しく思います」と述べたという。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)