世界初! 初代後期型カングーのミニカーを製作中〈RENAULT KANGOO 1/43ミニチュアカー〉【2019年5月10日 追記あり】

世界初! 初代後期型カングーのミニカーを製作中〈RENAULT KANGOO 1/43ミニチュアカー〉【2019年5月10日 追記あり】

記事画像

今なお根強い人気を誇る初代ルノー・カングー。日本への正規導入が始まったのは前期型のモデル末期で、日本の路上に生息している初代カングーのほとんどは、アーモンド型ヘッドランプを持つ後期型だ。しかしこの初代後期型、日本のみならず世界中を探してもミニカーがない。ならば……ということで、我が三栄書房ニューモデル速報インポートの監修により、作ってしまうことにしたのだ!

ないのなら、作ってしまえ、カングーミニカー(字余り)

 フランスでも、日本でも、今なお根強い人気を誇る初代ルノー・カングー。とくに日本への本格導入直後に登場した後期型は、日本の路上を走っている初代カングーのほとんどを占めている。すでに現行にバトンタッチして12年が経っているが、それでもなお都内では見かけない日がないのではと思うほど。

 生産終了からこれだけ年数が経っていても乗っているオーナーは、当然ながらこの初代カングーをかなり気に入っていて、とても大事にしているはず。思い入れも相当に強いはずだ。

 だから自分の愛車と同じミニカーなんて持っているのが当たり前……なのかと思いきや、なんとこの初代後期型カングーのミニカーは、売っていないのである。日本だけではなく、どこを探しても見つけられないのだ。フランスにもないし、ルノー本社で聞いても「見たことないねぇ」とつれない返事……。

 ここに「後期型」の悲しい宿命がある。ミニカー化されるのは、たいてい新型としてデビューした直後のタイプ。つまり、のちに「前期型」と呼ばれることになる世代のモデルだ。

 それでもスポーツカーなど趣味の対象になり得る車種であれば後期型がミニカー化されることも珍しくはないが、いかんせんカングーは量販車に過ぎず、もっと言えば商用車がメインだ。わざわざ後期型を商品化したって、たいして売れないと言うのがミニカーメーカー側の判断だろう。

 とはいえ、日本で初代に乗っているオーナーは、間違いなくカングーの熱狂的なファンのはず。後期型のミニカーを心から待ち望んでいるはず。

 そんなみなさんのご期待に応え、我がニューモデル速報インポートが初代後期型カングーのミニカーを作ります! 開発の骨子は下記の通り。

・オーナー待望の初代カングー後期型
・右ハンドル国内向け仕様
・製品化されるのは(たぶん)初めて
・カラーは4種類
・ブルーモデルのみこだわりのカラードバンパー!
・精巧モデルで知られるスパーク社製
・1/43スケール
・価格は未定
・発売は2019年5月頃の予定

 ここに掲載している写真は製作中のプロトタイプで、発売されるものとは仕様が異なるけれど、けっこう頑張ってリアルに作っているので乞うご期待! 

〈2019年5月10日追記〉ついに完成! ただいま予約受付中!

 当記事で制作過程をレポートしていたルノー・カングー初代後期型の1/43ミニチュアカーが、ついに発売されることになった。

 ニューモデル速報インポート編集部の監修のものに開発されたこだわりの逸品で、製造は精密ミニチュアカーメーカーとして知られるスパーク社が行う。

 生産台数は日本におけるイメージカラーの黄色が700個。 そのほかの青・白・赤は各100個ずつの貴重なモデルとなる。

 発売日は5月20日(月)で、4月26日(金)より事前予約を開始している。

 さらに5月19日(日)に開催されるルノー・カングー ジャンボリー2019(山中湖交流プラザ「きらら」)にて先行発売を予定している。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)