シク?ナスXを上手にイジると160km/hオーハ?ーも実現可……ってマジ??/しかも耐久性もバッチリ!

シク?ナスXを上手にイジると160km/hオーハ?ーも実現可……ってマジ??/しかも耐久性もバッチリ!

記事画像

MACHINE:YAMAHA ?CYGNUS X OWNER:にこ様PHOTO:渡辺昌彦 REPORT:モルツ(月刊モトチャンプ 2019年2月号より)

街乗り仕様のままて?計測、キモはキャフ?と駆動系!

 2018年8月16日に富士スヒ?ート?ウェイて?開催されたオートハ?イ誌か?主催するMAXZONE miniて?、160km/hをマークした3型シク?ナスX。もちろん160km/h以上を叩き出すシク?ナスXは他にも存在するか?、街乗り兼用となると話は別。レース仕様と比較して保安部品や電装系なと?制限される部分も多く、重量増は必至た?。

 そんな不利な条件て?挑む当車両の心臓部はCODO製の225ccキットか?ヘ?ース。同社のシリンタ?ーヘット?は鋳物て?はなくCNC削り出しなのて?精度に優れ、ホ?ート加工なと?手か?加えやすいのか?採用した理由た?。使用するヒ?ストンについては秘密た?か?、ワイセコ製ヒ?ストンを参考にして、街乗りに必要な耐久性を高める加工か?施されている。

 さらに驚きなのか?吸気系。なんと時代に逆行し、FIからキャフ?レター仕様へコンハ?ート。オーナーは「原付のFIは、大排気量車や四輪なと?に比へ?て発展途上て?緻密な制御か?難しく、あいまいな部分も多いんて?す。セッティンク?を煮詰めるのにはフルコンか?必要た?し、時間もお金もかかる。限られた予算て?やり繰りするためにもアナロク?なキャフ?の方か?やりやすいと判断しました」という。

  補足まて?に、オーナーの職業は四輪のメカニックて?ある。また1型も所有し、こちらは逆にキャフ?からFI仕様に変更して約150kmの最高速を記録している。フ?ロの観点からFIとキャフ?の善し悪しを見通したうえて?のモテ?ィファイなのた?。

 ハ?ワーを余すことなく伝達する駆動系は、ト?ライフ?側にKN企画製のトルクシフターを、ト?リフ?ン側にKOSO製のテ?ルタクラッチやスリットを自作加工したアルミトルクカムを採用。トルクシフター用のウエイトローラーは0.5g刻みのため、一つひとつ削ってヘ?ストな重量(5.2 g×6個)に仕上け?ている。「駆動系は一つの部品か?変わるた?けて?カ?クッとスヒ?ート?か?落ちるのて?セット出しには苦労しました」と、終わりの見えないトライ&エラーに心折れることもあったそうた?。

  街乗りて?の扱いやすさやタフネスをスホ?イルせす?に成し遂け?た『ストリート最速』の偉業は、まさに男の浪漫そのものて?ある!

「1km全開のままて?も壊れません!」

SPECIFICATIONS????127
■金玉峰玉製クランク(64.1mm)
■エンシ?ンハンカ?ー50mmロンク?加工
?■ MOS製アルミ鍛造ホイール
■ワンオフφ32エキハ?イ+チタンサイレンサー
?■ X-HOT(PGO)純正メーター移植

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)