【驚愕!!】アメリカの原チャリ文化が、まんま日本すぎる件。

【驚愕!!】アメリカの原チャリ文化が、まんま日本すぎる件。

記事画像

カリフォルニアの旧車イヘ?ントて?発見したのはなんと懐かしのヤンキー文化を継承した原チャリたち! いま陽気なアメリカ人の間で密かに流行っている "ジャパニーズ・カスタム・スクーター" にロックオン!(月刊モトチャンプ 2019年2月号より)PHOTO:平野陽 REPORT:小林秀雄

「Hey,brother!!」日本のカスタム文化が時を超え、海を越え、アメリカで大ブレイク!

スクーターの世界でもJDMカスタムが流行!?

 世界的に旧車のカスタムか?フ?ームとなっているのは二輪も四輪も同し?こと。それを裏付けるように、昨年の9月15日にカリフォルニアて?開催されたシ?ャハ?ニース?・クラシック・カー・ショーには、なんと80年代のカスタムスタイルをまとった原チャリか?多数参加していた。
 
 会場て?出会ったオーナーたちに話を聞いてみたところ、クルマ社会のアメリカて?は、さすか?に50ccハ?イクはホ?ヒ?ュラーて?はない。しかし、彼らのようにコツコツとハ?ーツを集め、原チャリカスタムを楽しんて?いるユーザーは意外と全米各地にいるとのこと。
 
 そして、そんな彼らの間でいま密かに流行っているのが、日本のヤンキーが築き上げた車高短エアロカスタムなのだ! 過ごした国も年代も違う彼らにとって、ネットで垣間見た昭和のジャパニーズ・ヤンキーたちは、“SO COOL!” な存在。じつは四輪の世界でもタケヤリデッパの “BOUSOUZOKU” スタイルがプチ流行しているのである。

 ヤフオクやeBayで日本製のパーツを漁り、見よう見真似でJDM(日本仕様)を再現することこそ、彼らにとって至上の喜びとなっているのだ!

ヘルメットまで忠実に!

JAPANESE CLASSIC CAR SHOWとは!? JDMなやつらが大集合!バイクもチラホラ参加あり

缶コーヒーからステッカーまで凝りに凝ったスクーターたち!八王子仕込みのヤンキースタイル!

英語の教師として東京の八王子で2年間過ごしたライアン。アメリカにいた時からヤンキー文化に憧れ、日本滞在中はヤマハ・チャンプを福岡仕様にして楽しんでいたそうだ。帰国後もスクーター熱は冷めやらず、DJ・1をがっつりロワード。ステッカーやMAXコーヒーなどディテールに至るまで、アメリカでひとり先行く完成度を物にしている。

来日経験のおかげで日本語もペラペラなライアン。アメリカで手に入りにくいボディパーツなどは日本から直輸入している。エビテールを備える劇的ロワードスタイルのジョグは 、お手本としてスクーター仲間を牽引する存在。

マニアックなJDMコンバート!

オレゴン州に住むブライアンは4台の原チャリを所有するJDMマニア。『チャンプロード』のバックナンバーを読んでヤンキーカスタムに興味を持ち、日本のヤフオクやアップガレージでもよくパーツを購入しているという。アメリカでは“Aero 50”という車名で販売されていたタクトを、JDMにコンバート。そのうち1台はクレージュ仕様だ。

日本仕様への憧れを表現

ブライアンの影響を受けてスクーターのヤンキーカスタムに目覚めたウィリアム。こちらもアメリカ仕様の“Aero 50”をベースに、タクトのサイドカバー、K-Syleのアンダーカウルなどでエアロメイクをキメている。

オールペンで美麗フィニッシュ

アリゾナ州在住のアンドリューもヤンキーカスタムを満喫中。“Aero 50” ベースでタクトのパネルやライト類を取り入れ、日産純正色のシルバーでオールペイントを施した。カスタムのアンダーパネルやシートカバーも使用。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)