TRI-ADと米CARMERA社、車載カメラを使った高精度地図生成実証実験を開始

TRI-ADと米CARMERA社、車載カメラを使った高精度地図生成実証実験を開始

記事画像

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD*)と米国のCARMERA**の2社は、高精度地図の自動生成に向けた一般道での実証実験を共同で行うことに合意した。TRI-ADではAutomated Mapping Platform(AMP)というオープンなソフトウェアプラットフォーム上で、参加企業から得た自動運転車両のデータを共有して高精度の地図を作り、共有するという構想を持っており、今回の実証はその第一歩。

 自動運転においては、高精度な地図データ基盤に基づいた信頼性の高い道路情報の提供が不可欠だ。現在、高速道路の地図作成が進んでいるが、そのカバー率は全世界の道路ネットワークの1%未満*1と言われており、次のステップとして高速道路以外での地図作成が課題となっている。

 今回の実証実験において2社は、今後数か月間に渡り、トヨタの市販車に搭載されているカメラを試験車に搭載し、東京の市街地のデータを取得する。そして、そのデータをもとに高精度地図を自動的に生成する実証を行う。一般に販売されている乗用車を使用するため、試験車に搭載するカメラは、トヨタがグローバルで車両に搭載しているToyota Safety Sense*2のコンポーネントを採用している。Toyota Safety Senseからの画像データ等をCARMERAのリアルタイムプラットフォームで処理し高精度地図を生成。さらに、試験車に搭載する市販のドライブレコーダー*3を搭載し、その画像データ等も利用することで、Toyota Safety Senseを搭載しないフリート車両からの自動生成もあわせて実証する。

 本実証実験で自動生成される地図と、市場に流通している地図を組み合わせることで、より信頼性の高い道路情報の提供が可能となり、将来的には、世界中の市販車から取得したデータをもとに高精度の地図が自動生成され、あらゆる道路における自動運転の実現が期待できる。

TRI-ADのAutomated Driving分野の Vice Presidentであるマンダリ・カレシー氏のコメント
「これまでは信頼性の高い自動運転向け地図の生成には、非常に高価な装備を乗せた少数の専用車両によるデータ取得と、人手を使った生成プロセスが必要であったため長い時間がかかっていました。CARMERAと共に実証する高精度地図の自動生成によって、誰もが使える自動運転の実現に貢献できることを大変嬉しく思います」

CARMERAのCEOであるRo Gupta氏のコメント
「CARMERAは、高度な自動運転などの革新技術を世界規模で普及させるため、自動車並みの信頼性を備えた次世代ストリートインテリジェンスをスピーディに低コストで展開するために創業されました。このたびは、TRI-ADと協業し、世界最大級かつ非常にダイナミックな都市環境の1つである東京を皮切りに、柔軟なモジュール方式の当社プラットフォームを投入して高精度地図を構築することになり、大変喜ばしく思います」

*TRI-ADについて
Toyota Research Institute-Advanced Development, Inc.(TRI-AD)はトヨタの自動運転の取り組みに関わるソフトウェアの先行開発を行っている。世界で最も安全な自動運転車を作ること、Toyota Research Institute(TRI)の研究成果とトヨタグループ内の研究・先行開発の連携強化をミッションとしている。自動運転のソフトウェア開発に加え、データハンドリング技術の強化、研究から製品化まで一気通貫のソフトウェア開発の実現も担う。会社概要についてはwww.tri-ad.global/jp/homeを参照。

**CARMERAについて
CARMERAは、自律走行車両向けの大規模で「生きた」高解像度マップに特化したストリートインテリジェンスプラットフォーム。CARMERAでは、顧客の車両から得たデータ活用のほか、業務用車両向けにビジュアルテレマティックスサービスを提供し、現在、路上の移動手段として広く普及している車両の安全性および生産性の向上に取り組んでいる。また、変化の検出や走行に影響する事象をリアルタイムで識別し、世界の大手自動車OEMやモビリティサービス企業の高精度3Dマップを最新状態に保つことにも貢献している。CARMERAは、複数都市とも提携して、歩行者密度や工事日程などの予定データを共有し、自動運転が公共の益となるよう官民の連携を推進している。詳細はwww.carmera.comを参照。

*1 TRI-AD社内の調査に基づく。日本・米国・中国・ドイツの高速道路の高精度地図が既に整備されているとした場合、全世界の道路ネットワークに占める割合は1%未満と想定
*2 LexusブランドではLexus Safety Systemとして搭載
*3 デンソー製通信型ドライブレコーダーを搭載

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)