【スピード違反はもうイヤ!】ならばデイトナのバイク用GPSレーダー探知機を! /大阪モーターサイクルショー2019

【スピード違反はもうイヤ!】ならばデイトナのバイク用GPSレーダー探知機を! /大阪モーターサイクルショー2019

記事画像

3月15日(金)から17日(日)までインテックス大阪にて開催されている大阪モーターサイクルショー2019。ショー会場で見つけた、とびっきりのバイクネタをどーぞ!PHOTO●川島秀俊 REPORT●川島秀俊

Bluetoothでインカムにも警報を送信!

 オートバイの世界でも、スマホやETCなどの普及によって搭載する電子機器が増えてきた。ツアラーにはシガープラグやUSBポートが標準装備されるモデルも出現し、ますます電子機器の装着率が高まりそうだ。すでに4輪でおなじみのアイテムは、二輪用としての注目度が高く、レーダー探知機もそのひとつ。加速性能に優れるリッターバイクともなれば、制限速度や取り締まりに注意したくなるのは当然だろう。
 なかでもデイトナからリリースされた最新のバイク用レーダー探知機「モトGPSレーダー4」は、速度超過で赤切符!を未然に防いでくれるお助けアイテムだ。ちょうど大阪モーターサイクルショー2019にてデモ機が展示されていたので、詳しく話を聞いてみた。

 このレーダー探知機は前モデルからひとまわりコンパクトになり、設置場所の自由度が向上。大きめの物理ボタンは操作しやすく、GPSで受信できる衛星も増えて精度が高まっている。液晶画面にはGPSから得られるデータを表示しつつ、レーダーやオービスの警報があれば大きく表示。最新の移動式小型オービスWやゾーン30交通規制にも対応している。警告音声はBluetoothにてインカムへも送信されるので、画面の表示を見逃してもシッカリ対処できるのだ。本体にはバッテリーも内蔵され、電源配線ナシでも3〜6時間の稼働が可能。バッグやポケットに放り込んだまま、音声のみの警告でも使用できる。本体はもちろん防水設計で、同社のスマホホルダーに別売アタッチメントを追加すれば簡単に脱着が可能。別売のクルマ用ステーを自家用車にセットしておけば、ひとつのレーダー探知機を共有することもできる。
 ちなみに、同時リリースされた下位モデルの「モトGPSレーダー4E」は基本性能を共通にしながら、液晶画面を省いて低価格を実現。設置場所がない車両や、警告はインジケーターとBluetooth音声で十分という人には嬉しい選択肢といえる。
 

モトGPSレーダー4

2.4インチ液晶モニターを装備するバイク用GPSレーダー探知機。バンク角メーターや標高表示、スピード計、距離計など、追加メーターとしての機能も充実している。最新データを無料でダウンロード更新できるのも嬉しい。
価格:3万3333円

モトGPSレーダー4E

液晶モニターをなくし、インジケーターと音声で警告を発する下位モデル。前モデルにはなかったBluetoothを搭載したことで、インカムユーザーから注目されるモデルになった。
価格:2万5926円

バイク専用電源 スレンダーUSB2ポート

ハンドルの狭い隙間にマウントできる、バイク用のUSB電源ポート。2口で合計4.8Aの高出力が可能で、ブレーキスイッチから簡単に配線できる。レーダー探知機への給電にオススメのアイテムだ。
価格:4200円

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)