新型トヨタ・スープラの荷室容量を予想する! 兄弟車のBMW Z4は281?……ということは?

新型トヨタ・スープラの荷室容量を予想する! 兄弟車のBMW Z4は281?……ということは?

記事画像

スポーツカーとはいえ、荷物も多少は積めないと困ってしまう。兄弟車のBMW Z4は2名乗車のロードスターながら、なかなかの荷室容量である。ということはトヨタ・スープラもそれなりに実用性は高い……?

 すでに予約が殺到しているというトヨタ・スープラだが、単純に新しいクーペだから乗ってみたいとか、山を走りたいとか、ゆくゆくサーキットでも……などなど、予約に踏み切った理由は様々だろう。だが、あなたがこの1台で過ごすのならば荷室の大きさはけっして無視できない冷静に考えるべきことだ。そこで、兄弟車であるBMW Z4を参考にしてスープラの使い勝手を考えてみよう。

 結論から言えば、Z4の荷室容量は先代比で50%増しの281?。Z4はもちろんオープンカーだから幌を収納するスペースが必要だ。にも関わらずこの容量は非常に優れたパッケージングだろう。さすがに荷室の高さはそれほどではないが、幅も奥行きも申し分ない。しかもトランクスルーも備わっており、多少の長尺モノも積めそうだ。

 おそらく、ハッチバックボディのスープラなら荷室の高さももう少しとれるだろうし、つまり300?くらいの容量になるかもしれない。ちなみにこれがどのくらいの容量かというと、実用性の鬼、フォルクスワーゲン・ゴルフが380?なので、その半分以上は積めることになる。あんな実用性のなさそうなスタイリングなのに、なかなか使える1台かもしれないのだ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)