話題のホンダCB650Rを速攻でカスタマイズ! モリワキのショート管が最高にクール

話題のホンダCB650Rを速攻でカスタマイズ! モリワキのショート管が最高にクール

記事画像

ホンダが「NEO SPORT CAFE」シリーズと謳うCB-Rシリーズ。カフェレーサーとストリートファイターを融合させた次代のネイキッドモデルで、CB1000R、CB250R、CB125Rを矢継ぎ早にリリースしてラインナップを形成してきた。そして今、真打ちとも言えるCB650Rがデビューし、大坂モーターサイクルショーおよび東京モーターサイクルショーで日本でも初お披露目。そんな“超”最新モデルのCB650Rに、早くもフルカスタマイズを施した車両が東京モーターサイクルショーに展示されていた。

カフェレーサー風スタイルがさらに昇華

 東京モーターサイクルショーのホンダ・ブースで大阪モーターサイクルショーに次ぐジャパン・プレミアを果たしたネオクラシックモデルのCB650R。だがそのとなりのホンダドリーム・ブースにて、早くもフルカスタマイズを施された車両が展示されていた。

 まずはノーマルのCB650Rの姿をご確認いただきたい。

 そのCB650にフルカスタマイズを施した車両がこちらだ。

 そのカスタマイズはセパレートハンドル、アルミ製フロントフェンダーパネル、アルミ製サイドカバー、フェンダーレスキット、バックステップなど多岐に渡るが、なかでも目を惹くのはモリワキのショートエキゾーストだろう。

 ショート管と聞けば70〜80年代の昭和テイストを連想するが、最新のストリートファイター的なトレンドも取り入れたCB650Rに合わせるべく、レトロモダンなデザインを与えられている。

 このシステムはエキゾーストパイプも含めたフルエキ仕様となっているのだが、このエキパイ部分の造形が秀逸だ。ノーマルのCB650RはかつてのCBX400Fを彷彿とさせる綺麗に揃ったエキパイが特徴的だが、その美しさを損なうことなく、さらなるレーシーさを演出させているのだ。

 特筆すべきは、この車両に採用されているいくつかのパーツは、ホンダの開発陣がもともとCB650R用にデザインしていたものが多く含まれているということ。フルカウルを与えられた兄弟モデルのCBR650Rとパーツを共用しなければならないなど、主にコストの都合で変更もしくは省略せざるを得なかったものが、カスタマイズパーツとして再び日の目を見ることになったのだ。なるほど、見事なマッチングもうなずけるというものだ。

 この車両に愛用されている数々のカスタマイズパーツは、すでに発売されているものもあれば、発売予定のものもある、気になる人は近くのホンダドリーム店に問い合わせてみてほしい。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)