身長155cm、現役女子大生が足着き性をアレコレチェック!【150〜400ccクラス編】/東京モーターサイクルショー2019

身長155cm、現役女子大生が足着き性をアレコレチェック!【150〜400ccクラス編】/東京モーターサイクルショー2019

記事画像

東京モーターサイクルショー2019に展示された、注目の150〜400cc最新モデルの足着き性をチェック!125ccクラスに引き続き、テスターは身長155ccの現役女子大生、バイク未経験のキャッピーでーす♪PHOTO■てつかたかし(TETHUKA Takashi)REPORT●キャッピー(KYAPPY)/北秀昭(KITA Hideaki)

【テスター・プロフィール】

■テスター名:キャッピー
■身長:155cm
■体重:40kg
■プロフィール:モーターファン.jpの記事アップをサポートする現役女子大生。今、普通自動車免許を取得中(現在仮免)。バイクにまたがるのは今回が初めて。今回、見た目で気に入ったのは、プジョーのジャンゴ125(色がかわいい!)。
■好きな食べ物:グミ(春日井製菓・つぶグミ)
■嫌いな食べ物:納豆、パクチー

スズキ ジクサー 足着き良好度 ☆☆☆☆☆

【キャッピーの一言コメント】
シート高は、「125ccクラス編」で乗車したスズキGSX-S125 ABSと同じ785mm。ハンドルもGSX-S125 ABSと同様のアップタイプなのでで、ポジションが似ています。足着き性は良好で、小柄な女の子やビギナーでも乗りやすくて扱いやすい部類だと思います。

【ジクサー、ココがポイント】
 スポーティなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたロードスポーツモデル。ヘッドライトからタンクまでの一体感や、ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザインなど、活動的なスタイリングが特徴。フリクション低減や燃焼効率向上を図った専用開発のコンパクトな154ccエンジンを、軽量&剛性の高いフレームに搭載することで、力強い加速性能と優れた燃費性能を実現。多機能メーター、前後輪ディスクブレーキ、大径フロントフォーク、7段階調整式リヤサスペンションなど、スポーツバイクに相応しい装備を採用している。

■主要諸元
シート高:785mm
全長×全幅×全高:2,005mm×785mm×1,030 mm
重量:135kg
エンジン:水冷4ストロークSOHC単気筒
排気量:154cc
最高出力:14 PS/8,000rpm
最大トルク:1.4kg・m/ 6,000rpm
タイヤサイズ:F100/80-17 R140/60-17
価格:321,840 円

ヤマハ YZF-R25/ABS 足着き良好度 ☆☆

【キャッピーの一言コメント】
 シート高は780mmと、数値的には適度な設定。ただし、シートの幅が広く感じられ、身長155cmのワタシの場合、両足立ちだとちょっぴり不安定かな?なので、もしも乗るとしたら、片足のつま先立ちになると思います。

【YZF-R25/ABS、ココがポイント】
 スタイリッシュな外観とスポーツ性能に特化した走行性能、また日常での扱いやすさを調和させた、“毎日乗れるスーパーバイク”を具現化した「YZF-R25」「YZF-R25 ABS」。2014年に登場以来、20代を中心とした若年層に高い人気を獲得。高性能な水冷4 ストロークDOHC直列2 気筒4バルブ249ccエンジンを搭載。

■主要諸元〈 〉内は「YZF-R25 ABS」
シート高:780mm
全長×全幅×全高:2,090mm×730mm×1,140mm
重量:167kg〈170kg〉
エンジン:水冷4 ストロークDOHC4 バルブ直列2 気筒
排気量:249cc
最高出力:35PS/12,000rpm
最大トルク:2.3kgf・m/10,000rpm
タイヤサイズ:F110/70-17 R140/70-17
価格:599,400 円〈642,600 円 〉

ヤマハ ツーリングセロー 足着き良好度 ☆☆☆

【キャッピーの一言コメント】
 大径ホイールを採用した大きな車体(シート高830mm)なので最初は少し圧倒されたけれど、実際にまたがってみると意外。サスペンションが沈んで、思ったよりも足がつきやすかったです。レーシーな前傾ポジションのYZF-R25よりも親しみやすいけれど、それでも、片足のつま先立ちにはなっちゃいますね。

【ツーリングセロー、ココがポイント】
 空冷SOHC2バルブ単気筒249ccエンジンを搭載したセロー250に、アクセサリーパッケージを装備したツーリングセロー。写真はアウトドアテイストのデジタルカモ迷彩カラーを実施した参考出品車。ブラックリムやネオンイエローのアクセントなど、カラーリングで遊び心を表現している。

■主要諸元
シート高:830mm
全長×全幅×全高:2,100mm×805mm×1,160mm
重量:133kg
エンジン:水冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
排気量:249cc
最高出力:20PS/7,500rpm
最大トルク:2.1kgf・m/6,000rpm
タイヤサイズ:F2.75-21 R120/80-18
価格:619,920円
※セロー250は564,840円

BMW C400X 足着き良好度 ☆☆☆

【キャッピーの一言コメント】
 外観は大柄で安定したイメージ。シートにまたがってみると…。シート高は775mmとそれほど高くはないようですが、シートの幅が広いので、両足は着地せず、片足のつま先立ち。シートのつくりがしっかりしているってことは、長距離も快適ってことですよね??

【C400X、ココがポイント】
 2017年秋のEICMA(ミラノショー)で公開された、排気量350ccの新型スクーター。エンジンは水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒。シート下には、ヘルメットを2つ収納できるスペースあり。ABS(アンチロックブレーキシステム)やトラクションコントロールを標準装備するなど、安全面も充実。駆動系には無段階変速機のCVTを採用し、スムーズで滑らかな加速を実現。

■主要諸元
シート高:775mm
全長×全幅×全高:2,210mm×835mm×1,305mm
重量:205kg
エンジン:水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
排気量:349cc
最高出力:34ps/7,500rpm
最大トルク:3.5kgf・m/6,500rpm
タイヤサイズ:F120/70-15 R150/70-14
価格:851,000円

注:上記の評価はすべて個人の感想であり、身長等によって感じ方は異なります。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)