豊田合成、トヨタ・カローラPHV・レビンPHV用樹脂製「バッテリーケース」を開発

豊田合成、トヨタ・カローラPHV・レビンPHV用樹脂製「バッテリーケース」を開発

記事画像

豊田合成株式会社は、大量の電池を収容する樹脂製の「バッテリーケース」を開発し、電動車に対応した。2019年3月に中国で発売されたトヨタ・カローラPHV・レビンPHVに採用された。

 豊田合成が開発した樹脂製バッテリーケースは収容する電池の間に隙間を設け、側面の通風孔から外気を取り込んで冷却する構造とすることで電池寿命を高めた。また樹脂内部に導体を通して絶縁し、安全性を確保する機能を備えている。

 豊田合成は樹脂・ゴムの専門メーカーとして培った知見を活かして、電池周りの冷却システムの最適化や軽量化に取り組み、車の性能向上に貢献していくいう。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)