キーサイト:5G NRモバイルデバイス用コンフォーマンステストソリューションをNTTドコモへ提供

キーサイト:5G NRモバイルデバイス用コンフォーマンステストソリューションをNTTドコモへ提供

記事画像

キーサイト・テクノロジーは、最新の3GPP(3rd Generation Partnership Project)規格に基づいた5G NRモバイルデバイス評価のための、5Gコンフォーマンス・テスト・ソリューションをNTTドコモへ提供することを発表した。このソリューションは、キーサイトの5Gネットワーク・エミュレーション・ソリューションのポートフォリオの一部であり、顧客が新しい5G NRモバイルデバイスを市場投入する前に、3GPP規格へ準拠しているかを検証することができる。

 キーサイトは3GPPの規格策定に貢献してきており、 NTTドコモとそのモバイルエコシステムが、3GPPで定義されGCF/PTCRB*認証制度で承認されている最新の5G NR規格に基づいて開発できるように支援をしている。

 NTTドコモの移動機開発部部長 二方 敏之氏は次のように述べている。「キーサイトの5Gの専門知識、エンドツーエンドの5Gテストソリューションにより、当社の5G商用化計画を加速できます。キーサイトと協業することで、当社は最新の3GPP規格に準拠し、高い期待に応えられる新しい5Gモバイルデバイス、およびそれを用いて創出される新たな体験、ビジネスソリューションを自信を持ってお客様に提供できます」

 キーサイトの5Gネットワーク・エミュレーション・ソリューションは、実績のあるUXM 5G無線テストプラットフォームを使用し、早期デザインから受け入れ、製造に至るデバイス開発ワークフローに対応している。この5Gコンフォーマンス・テスト・ソリューションは、無線周波数(RF)、無線リソース管理(RRM)、プロトコルにまたがるデバイスの認証プロセスをサポートし、モバイルデバイスの検証と必要なコンフォーマンステストに合わせて機能を拡張できる。さらに、このソリューションは、有線接続テスト環境下でのFR1(サブ6 GHz周波数)と、キーサイトのCATR(Compact Antenna Test Range)チャンバーを含むOTA(Over the Air)テスト環境下でのFR2(ミリ波周波数)両方の新しいデザイン検証ができる。

 キーサイトWireless Devices and Operators のバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるKailash Narayanan氏は次のように述べている。「先見的なマーケットリーダーであるNTTドコモと協業し、2020年の5G商用化という戦略的目標達成を支援できることを光栄に思います。当社の5Gネットワーク・エミュレーション・ソリューションは急速な進歩を遂げ、NTTドコモとそのエコシステム全体の商用化準備を支援していきます」

 キーサイトは、NTTドコモとeMBB (enhanced mobile broadband)の効果的な展開を目的としたミリ波テクノロジーの開発のために、2015年に5Gテクノロジーに関する協業を開始した。2018年8月には、新しい5G NRモバイルデバイスの特性評価と検証のために、キーサイトの5Gネットワーク・エミュレーション・ソリューションをNTTドコモへ提供し、両社は協力関係を拡大している。昨年12月には、キーサイトは、5Gコンフォーマンス・テスト・ソリューションが5G NRデバイス認証のためにPTCRB*により承認を受けた初めてのソリューションとなったことを発表した。

*PTCRB:北米の特定携帯通信業者で構成される認証団体で、エコシステム全体で5Gモバイルデバイスの製品化・販売を加速することを目的としている。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)