新型トヨタRAV4とスズキ・ジムニー。悪路走破性を比べてみる

新型トヨタRAV4とスズキ・ジムニー。悪路走破性を比べてみる

記事画像

新型トヨタRAV4は、シティ派SUVというよりも、本格4WDという面を表に出そうとしているのかもしれない。本格4WDと言えば、昨年大人気(今も)を博したスズキ・ジムニーと比べてみないわけにはいかない(いく?)。ちょっと比べてみよう。

 今回のトヨタRAV4は、3種類の4WDシステムがある。

 広報図版にもデパーチャーアングルやアプローチアングルなどを表記したものがあるのだ。せっかくなので、スズキ・ジムニーと比べてみよう。
 と言っても、実際に、RAV4とジムニー、どっちを買おうかな、と迷う人は極少ないと思うが……。通常は、RAV4とCX-5とかRAV4とCR-Vで迷うところだろう。

トヨタRAV4

新型トヨタRAV4
アプローチアングル:18度
デパーチャーアングル:20.5度
ランプブレークオーバーアングル:17.5度

最低地上高:200mm

スズキ・ジムニー

アプローチアングル:41度
デパーチャーアングル:51度
ランプブレークオーバーアングル:28度
最低地上高:205mm

 ということで、想像通り、悪路走破性はジムニーの圧勝。

 それだけでは面白くないから、もう少し比較してみよう。(比較する人もあまりいないと思うが)

トヨタRAV4 X 4WD(ダイナミックトルクコントロール4WD)

エンジン
2.0?直4DOHC
最高出力:171ps(126kW)/6600rpm
最大トルク:207Nm/4800rpm

パワーウェイトレシオ:9.18kg/ps
トルクウェイトレシオ:7.58kg/Nm

ジムニーXC(4AT)

エンジン
0.66?直3DOHCターボ
最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク:96Nm/3500rpm


パワーウェイトレシオ:16.25kg/ps
トルクウェイトレシオ:10.8kg/Nm

 ということで、これまた想像通り、RAV4の圧勝でした。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)