イクシアグループ:ネットワークパケットの収集とパフォーマンスモニタリングをIxia Vision Edge 1S 1台で実行

イクシアグループ:ネットワークパケットの収集とパフォーマンスモニタリングをIxia Vision Edge 1S 1台で実行

記事画像

キーサイト・テクノロジーは、キーサイトのイクシアグループがVision Edge 1S (E1S) 可視化ソリューションをリリースしたことを発表した。この新たなソリューションでは、リモートサイトとエッジコンピューティングに対するネットワークの可視化を、ネットワーク・パケット・ブローカー機能とアプリケーション/合成モニタリングを1台のアプライアンスに統合することで、高いコストパフォーマンスで実現している。

 データの処理は、急速にエッジへ移行している。Gartnerによると、2022年までに、企業が生成したデータの50 %以上がデータセンターまたはクラウドの外で作成/処理されるようになる。企業のエッジにあるコンピューティング資産のパフォーマンスとセキュリティの脆弱性を監視することが必要だ。

 イクシアグループのバイスプレジデント兼製品マネージャーであるRecep Ozdag氏は、次のように述べている。「エッジコンピューティングが拡大したことで、企業はリモートサイトで何が起きているかを理解する必要に迫られており、それが新たな負担となっています。エッジコンピューティングは必要とされる場所にリソースを配置しますが、企業のモニタリングおよびセキュリティインフラにギャップが生じる可能性があります。コストパフォーマンスに優れたVision Edge 1Sは、ネットワーク・パケット・ブローカーとアプリケーションパフォーマンス監視ソリューションを統合しており、これらのギャップを埋めることができます」

Ixia Vision Edge 1Sの機能

・エッジからのトラフィックをフィルタリングして配信する高度なパケットブローカー機能(最大10Gラインレート)により、監視に必要な関連データを中央拠点のセキュリティおよび監視ツールで受信可能

・リモート・パケット・キャプチャーと拡張フロー監視機能(Netflow/IxFlow)によるアプリケーションのモニタリングにより、アプリケーションパフォーマンスをエッジで監視可能

・合成トラフィック生成によるパフォーマンスモニタリング(最大10Gラインレート)により、アプリケーションのパフォーマンスを予測し、ネットワーク容量とパフォーマンスをエッジで確認可能

・使いやすいHawkeyeウェブインタフェースを搭載し、クリック操作で、効率的なプロビジョニングやネットワーク/アプリケーションパフォーマンスをリアルタイムにリモート管理

・その他のVisionパケットブローカーとの統合により、企業のパフォーマンス/セキュリティ監視インフラを包括的に可視化

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)