フロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ「TRITOWN」、 実証実験を実施【ヤマハ】

フロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ「TRITOWN」、 実証実験を実施【ヤマハ】

記事画像

ヤマハ発動機株式会社は、4月27日から5月31日まで、ホテルマネージメントインターナショナル株式会社が運営する「つま恋リゾート 彩の郷(静岡県掛川市)」にて、フロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティ「TRITOWN(トリタウン)」の実証実験を行う。 今回の実証実験は、有償での乗車体験の機会を設け、いただいた意見を元にした商品性検証を目的にしている。

 「TRITOWN」は、LMW※機構を備えたフロント2輪の小型電動立ち乗りモビリティだ。ライダー自身のバランスコントロールによって姿勢制御を行うシンプルな機構で、ラストワンマイルの移動をワクワク楽しい時間となる。「東京モーターショー2017」「CES 2019」に参考出品し会場を沸かせた。当社は、2018年12月11日に、「ART for Human Possibilities」を旗印とする2030年長期ビジョンを発表。このたびの取り組みは、その中のひとつである“Transforming Mobility(モビリティの変革)”を目指す活動の一環となる。

※ LMW = Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。

実証実験 概要

・期間:2019年4月27日(土)〜5月31日(金)
※車両整備のため、5月7日/13日/20日/27日を除く。
※天候により乗車できない場合があります。

・場所:つま恋リゾート 彩の郷(〒436-0011静岡県掛川市満水2000)
※一般車両との混走のないエリアに制限して実施。

・車両:TRITOWN(トリタウン)

・開催時間:9:00〜17:30(最終受付:16:30)

・参加条件:16歳以上、70歳以下(免許制限なし)
※安全講習を受講いただきます。
※状況により乗車をお断りする場合があります。

諸元一覧

・重量: 約40kg
・寸法: 1,140o×620o×1,140o
・速度: 最高25km/h
※状況により最高速度を制限している場合があります。
・モーター形式:インホイールモーター
・モーター出力:500W
・バッテリー形式:リチウムイオン
・バッテリー電圧:48V
・バッテリー容量:380Wh
・充電時間:約2時間
・走行可能距離:約30km

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)