極東開発工業:7トンリヤタ?ンフ?トラックを改良、耐摩耗鋼板仕様を追加し発売

極東開発工業:7トンリヤタ?ンフ?トラックを改良、耐摩耗鋼板仕様を追加し発売

記事画像

極東開発工業は7トンリヤタ?ンフ?トラックを改良し、標準仕様に加え、耐摩耗鋼板「HARDOX」を採用した耐摩耗鋼板仕様を新たにラインナッフ?して、2019年5月7日に発売する。

 新機種は、タ?ンフ?ヒンシ?の改良によるタ?ンフ?アッフ?時の強度の向上と、大幅な軽量化により、 輸送効率か?向上する。また、新たにラインナッフ?された耐摩耗鋼板仕様は「2018年度ク?ット?テ?サ?イン賞」を受 賞した4トン車のテ?サ?インコンセフ?トを採用し、高い硬度と靭性て?多くの実績を誇る耐摩耗鋼板「HARDOX」をホ?テ?ーに使用することにより、一層の強度向上と軽量化の両立を実現したほか、サイト?ケ?ートおよひ?テールケ?ートをスチフナ(stiffener:補強柱)レスとすることて?、すっきりとしたシンフ?ルなテ?サ?インとしている。

【新型7トンリヤタ?ンフ?トラックの特徴】
1.強度か?向上
タ?ンフ?ヒンシ?の改良によりタ?ンフ?アッフ?時の強度か?向上した。これにより、耐久性のアッフ?と併せ、長寿命化を実現している。

2.軽量化を実現
ホ?テ?ー重量か?従来機に比へ?、標準仕様て?約100kg、耐摩耗鋼板仕様は「HARDOX」の採用により強度を保ったまま板厚の薄肉化と補強部品の削減を可能としたことて?約210kgと、それそ?れ大幅な軽量化を実現した。効率の高い運搬と空荷状態における燃費向上に貢献する。

3.高強度と軽量化を両立した耐摩耗鋼板仕様も新たにラインナッフ?
耐摩耗鋼板仕様は、タ?ンフ?トラックに求められている輸送効率のアッフ?およひ?車両重量増への対応、またアフターメンテナンスの容易性といった「積載量(軽量化)と耐久性の確保」という相反するニース?に対して「2018年度ク?ット?テ?サ?イン賞」を受賞した4トン車と共通する、“剛から柔へ” の全く新しい設計思想を採用した。高い硬度と靭性を併せ持ち、多くの実績を誇る耐摩耗鋼板「HARDOX」を使用することて?、耐衝撃性た?けて?なく、変形や亀裂の発生にも強い、より一層高強度なホ?テ?ーとしている。
また、サイト?ケ?ートおよひ?テールケ?ートをスチフナレスとし、すっきりとしたテ?サ?インとしたことて?、ホ?テ?ー表面か?フラットになり、看板やステッカーなと?の自由なテ?サ?インに対応する。さらにホ?テ?ー内は、テ?ッキとサイト?ハ?ネルを一体化した緩やかなRを持つ丸底テ?ッキ形状とすることて?、積荷の排出性と清掃性も向上した。

 販売価格は標準仕様が110万円、耐摩耗鋼板仕様が151万円(希望小売価格、シャシ・消費税抜き)。販売目標台数は250台(標準仕様・耐摩耗鋼板仕様合計、年間)。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)