Z32、シティカブリオレ、初代アルシオーネ&レガシィ、カリーナED、AW11、LS400…80年代の名車が集結!【オートモビルカウンシル2019】

Z32、シティカブリオレ、初代アルシオーネ&レガシィ、カリーナED、AW11、LS400…80年代の名車が集結!【オートモビルカウンシル2019】

記事画像

約120台のヘリテージカーと新車、関連商品が集う展示会「オートモビルカウンシル」が、4月5日から7日まで千葉県の幕張メッセで開催。日産、ホンダ、スバル、トヨタ、レクサスの5ブランドが「百花繚乱80's」をテーマに共同出展し、1980年代を彩った各ブランドの名車たちを披露した。PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)

 トヨタは昨年の同展示会で掲げた「メーカーやブランドの垣根を越え、クルマを愛する全てのみなさまとともに、ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見すえ、日本の自動車文化を育んでいきたい」というテーマの枠をさらに広げるべく、全メーカーに共同企画を呼びかけたところ、日産、ホンダ、スバルが賛同。今回の5ブランド共同出展が実現したのだという。

 展示テーマは「百花繚乱80's」。1980年代を「日本メーカーの独創性と品質への情熱が欧米メーカーに追いつき、さまざまな技術やスタイルが開花していった、日本の自動車産業にとって極めて重要な時期」と位置付け、その時代を彩った各社の代表車種を、24時間働く姿やディスコ、スキー、DCブランドといった、当時の文化を象徴する写真とともに展示した。

 そのなかで日産は、フェアレディZ(Z32)を展示。GT-Rとともに今年で誕生50周年を迎えるフェアレディZだが、そのなかで平成最初の1989年にデビューしたZ32は、四輪マルチリンク式サスペンションに代表される最新のシャシー技術のみならず、大きくラウンドしたワイド&ローの革新的なスタイリングも大きな話題となった。

 ホンダは1984年発売の初代シティカブリオレを展示。そのオープンボディはピニンファリーナの技術協力を得て開発され、独創的なスタイリングと12色のボディカラーも相まって、多くの人の記憶に残るモデルとなった。

 スバルは1985年デビューのアルシオーネ(車両は1989年式の2.7L水平対向6気筒エンジン搭載モデル)と、1989年に発売されスバル中興の祖となった初代レガシィツーリングワゴン(車両は1990年式の2.0ターボGT)を展示。

 アルシオーネは、同社広報部・清田勝紀主査によれば「非常に変わった、エキセントリックなスタイリングで、Cd値の低減に注力したクルマ」。また「スバルでは最初で最後にリトラクタブルヘッドライトを採用したクルマ」であり、「ドアハンドルにフタが付いており、これには空力を少しでも良くしようという当時の開発者の想いが現れている」と、報道陣の笑いを誘いながら説明した。

 そして初代レガシィは、「いまのスバルの全車に引き継がれている“グランドツーリング思想”、“より快適に、より速く、より遠くへ”が最初に体現されたモデル。加えて“世界に通用するクルマを”と、本当に社運を賭けて開発した。当時のRVブームに乗って、販売面でも非常に成功したモデル」と、その重要性を熱く語っている。

 トヨタは、1985年にデビューし圧倒的に低い車高とスタイリッシュなデザイン、Bピラーレスの4ドアハードトップボディで一世を風靡した初代カリーナEDと、国産初のミッドシップカーとして1984年に発売された初代MR2を展示。

 ブランド誕生30周年を迎えたレクサスからは、高性能かつ圧倒的に快適という“二律双生”の走りで世界に衝撃を与えたレクサス最初のモデル、初代LS400(展示車両は1990年式)が出品されている。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)