マツダCX-5の2.5?ターボはレギュラーとハイオクで23ps違う! 北米仕様のSKYACTIV-G2.5T

マツダCX-5の2.5?ターボはレギュラーとハイオクで23ps違う! 北米仕様のSKYACTIV-G2.5T

記事画像

ハイオク燃料指定のエンジンにレギュラーを給油したらパワーが下がる、とか、逆にレギュラー指定にハイオク燃料を給油したらパワーが上がる、とか言われることがある。実際にはどうだろうか? マツダCX-5の2.5?直4直噴ターボエンジンは、レギュラーとハイオクでスペックが違う。どう違うのか?

 レギュラーガソリンとハイオクプレミアムでスペックが異なるのは北米仕様のマツダCX-5 2.5?ターボ(SKYACTIV-G2.5T)である。

 SKYACTIV-G2.5Tのエンジンのハードウェアは日米で変わらない。

排気量:2488cc
ボア×ストローク:89.0mm×100mm
圧縮比:10.5
燃料供給:筒内燃料直接噴射

 である。

 ではスペックを見てみよう。

日本仕様(CX-5 25T)
燃料:無鉛レギュラーガソリン
230ps/4250rpm
420Nm/2000rpm
 
北米仕様(CX-5 25T)
燃料:AKI87 無鉛レギュラーガソリン
227hp/5000rpm
310lb-ft/2000rpm

これを単位換算すると
燃料:無鉛レギュラー(RON91)
230ps/4250rpm
420.3Nm/2000rpm

となる。つまり日米で出力/トルクは同一だ。

燃料:AKI93無鉛プレミアム
250hp/5000rpm
310lb-ft/2000rpm

これをまた単位換算すると
燃料:無鉛ハイオク(RON98)
253.4ps/5000rpm
420.3Nm/2000rpm

 となるのだ。レギュラーガソリンとハイオクでは最高出力が23.4ps上がる。ほぼ10%のパワーアップなら体感できるだろう。

 日本工業規格(JIS)では、
無鉛レギュラーガソリン:RON89.0以上
無鉛プレミアム:RON96.0以上
 と規定されている。

 国内のガソリンスタンドでは
無鉛レギュラーガソリン:RON90
無鉛プレミアム:RON98〜100

 のものが販売されている。

 ここでいうオクタン価とはリサーチ・オクタン価で、RON(Research Octane Number)と表記されることもある。もちろん、言うまでもなくノッキングの起こりにくさを示す指数だ。

 アメリカではRONではなくAKIという指数が用いられる。Anti-Knoch Index(アンチノック・インデックス)である。

無鉛レギュラーガソリン:AKI87=RON91
無鉛プレミアム:AKI93=RON98

 に相当する。

 というわけで、北米仕様のCX-5 25Tの場合、レギュラーとハイオクでこれほど出力が変わるというわけだ。
 これは、それぞれの燃料に最適化したエンジン制御プログラムを北米仕様のSKYACTIV-G2.5Tが持っているからであって、残念ながら日本仕様にはハイオク燃料用のプログラムが載っていない。したがって、日本仕様のCX-5 25Tにハイオクを給油しても同じように10%出力アップとならない……のが残念だ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)