最新型BMWのAVシステムをグレードアップする エイタック Expand AT-VEM710PU 【CAR MONO図鑑】

最新型BMWのAVシステムをグレードアップする エイタック Expand AT-VEM710PU 【CAR MONO図鑑】

記事画像

BMW純正のAVシステムで地デジやDVDプレーヤー、フロントカメラなどの外部機器が利用できるようになるアイテム。純正同様のコントロールが行えるなど抜群の使い勝手だ。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)問い合わせ先:エイタック電話:045-595-1730

Expand AT-VEM710PU……9万5000円

 BMWの最新AVシステム・第7世代iDriveに対応する「AVインターフェイス」で、X5、Z4、3シリーズ、8シリーズに適合している(詳細な適合情報は同社ウェブサイトに掲載)。

 これを用いることで外部入力端子を搭載していないiDriveシステムに拡張機能が加えられ、市販の地デジチューナーやDVDプレーヤー、フロントカメラ(アルパイン製)などの機器が利用できるようになる。しかも純正ナビの地図と地デジチューナーの映像を2画面表示したり、地デジチューナーの映像を画面全体に映し出すことも可能。

 さらにエイタックオリジナルのステータスモードでは車両コンピューターから出力されたデータに基づいてタコメーター、スピード、シフトポジション、油温、水温、ステアリング操舵角など11種類の情報をグラフィカルに展開する。

 AVインターフェイスや接続機器の操作についてはiDriveコントローラーやステアリングスイッチなど純正オペレーションをそのまま使うことができ、抜群の使い勝手だ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)