カロッツェリアのスマホアプリが2019年夏に進化 【CAR MONO図鑑】

カロッツェリアのスマホアプリが2019年夏に進化 【CAR MONO図鑑】

記事画像

カロッツェリアのカーオーディオ連携スマホアプリ「Pioneer Smart Sync」が2019年夏にアップデート。これによってAmazon Alexaやドライビングサポートアイ(有料)の利用が可能となる。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)問い合わせ先:パイオニア電話:0120-944-111

Pioneer Smart Sync……無料

 カロッツェリアではスマホと連携ができる「スマートリンク」対応カーオーディオを数多くラインアップしているが、今夏に専用アプリ「Pioneer Smart Sync(iOS/Android)」のアップデートが予定されている。

 今回のアップデートではおもに2つの機能を追加。まず注目となるのはAmazonが展開するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」への新対応。音声ボタンの設定を「Amazon Alexa」の起動ボタンとすることで簡単にAlexaを起動させ、音声操作で音楽を再生や最新ニュースの確認が行える。数万種類と言われている膨大なAlexa用スキルの利用も可能だ。なお、利用の場合には通常の音声認識機能は使用できず、ウェイクワードには非対応。Amazonアカウントへのログインも必要となる。

 そしてもう一つの新機能がカロッツェリア独自の新サービス「ドライビングサポートアイ(有料:360円)」への対応。スマホのセンサーやカメラを使用した運転支援機能で、減速が足りずに前方のクルマに接近した際には「前方車両接近警告」、わき見運転などでレーンからはみ出して走行した際には「車線逸脱警告」を画面表示と音で行う。

■Pioneer Smart Sync対応機種(2019年4月末現在)
MVH-7500SC
MVH-6500
MVH-5500
DEH-6500
DEH-5500

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)