スズキの新型キャリイは、1.5?K15B-Cエンジン搭載。インドネシアの小型トラック市場の5割を握る

スズキの新型キャリイは、1.5?K15B-Cエンジン搭載。インドネシアの小型トラック市場の5割を握る

記事画像

スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社は、グローバルモデルの小型トラック 新型「キャリイ」を4月25日に発表した。

 海外向けのキャリイは1976年からインドネシアでの生産を開始して以来、高い耐久性や扱いやすさで好評を得ているスズキを代表する小型トラックだ。これまでに、インドネシアをはじめ、海外145の国・地域で累計200万台以上を販売し、農業、漁業、建設業、配送業などさまざまな業種で活躍してきた。

 もちろん、日本市場の軽トラックのキャリイとは仕様が大きく異なっている。
日本仕様のキャリイは

全長×全幅×全高:3395×1475×1765mm
ホイールベース:1905mm
荷台寸法:1905×1305×290mm
エンジン:R06A
0.66?直3DOHC 50ps(37kW)/63Nm

 インドネシア仕様の新型キャリイは、働くトラックに欠かせない積載性能と耐久性能に加え、快適性能や動力性能など、顧客の求める性能を充実させた。三方開式の荷台は、充分な積載量と広さを備えるとともに、地上高を低くし、重い荷物の積み下ろしもしやすくした。また、農業や建設業などの現場における未舗装路など厳しい使用環境にも対応するため、各種防錆対策を荷台に施すとともに、高剛性サスペンションを採用した(フロント/マクファーソンストラット、リヤ/リーフリジッド)。さらに、室内幅や足元空間を広く取り十分な収納スペースを設けることで快適で使い勝手の良いキャビンとした。高出力で低燃費な新型のK15B-C型1.5?ガソリンエンジンを搭載し、重荷積載時の負荷を軽減した。
 2018年度のインドネシアの自動車市場において小型トラックの販売台数は約1割を占めており、スズキのインドネシアにおける販売では小型トラックが約5割を占めている。スズキは4月よりインドネシア国内で新型キャリイの販売を開始し拡販を図るとともに、約100ヵ国・地域にも順次輸出していく計画だ。

新型「キャリイ」の概要
全長×全幅×全高:4,195mm×1,675/1,765(ワイド)mm×1,870/1,910(ワイド)mm
ホイールベース:2,205mm
エンジン排気量:1.5?K15B-C
97ps/5600rpm 135Nm/4400rpm
トランスミッション:5速MT
初年度生産台数:7万台
価格:135.6〜145.1百万ルピア(約105〜112万円※)
※100ルピア/0.77円で換算。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)