マク?ナ:新しい生産拠点を2拠点開設て?、中国て?の拠点拡張進む

マク?ナ:新しい生産拠点を2拠点開設て?、中国て?の拠点拡張進む

記事画像

 マク?ナは、この度、中国て?生産拠点を2拠点開設、ク?ラント?・オーフ?ニンク?イヘ?ントを行い、中国て?のマク?ナの継続的な成長を色濃く象徴している。長沙市の新しい拠点は、広州汽車集団(GAC)の子会社て?ある広汽零部件有限公司(GACC)との合弁会社て?、2018年末から世界的自動車メーカーのクロスオーハ?ー向けコンホ?シ?ットハ?ックト?アの生産か?始まっている。また、今月に入り、上海の新しい生産拠点て?も、中国市場向けの米国フ?ラント?の複数機種向けにアクティフ?・エアロタ?イナミクス・ク?リルシャッターの生産か?開始した。

 マク?ナ エクステリアのフ?レシ?テ?ントて?ある Grahame Burrow氏は「この2拠点は、マク?ナにとって成長著しい製品セク?メントて?ある軽量なコンホ?シ?ットハ?ックト?アとアクティフ?・エアロタ?イナミクスを象徴する拠点て?す」とし、「軽量なコンホ?シ?ットとアクティフ?・エアロタ?イナミクスは、CO2排出削減と燃費改善の達成の一役を担います」とコメントしている。

 軽量且つリサイクル可能なコンホ?シ?ットハ?ックト?アへの需要の高まりは、クロスオーハ?ーやSUV市場の世界的な成長と同様に高まってきている。マク?ナのハ?ックト?アモシ?ュールは、スチール製の従来品より最大25%の重量削減を達成し、燃費改善と排出カ?ス削減に寄与する。また、コンホ?シ?ット材は、高低差や小さいRか?ある形 状か?可能になるなと?、テ?サ?インに高い自由度を与える。さらに、マク?ナのシステム組立方法や納品方法にもメリットか?あり、ハ?ックト?アモシ?ュール自体の複雑さや初期投資の削減、また、自動車メーカーの完成車生産拠点て?の生産効率アッフ?なと?のヘ?ネフィットか?見込まれる。

 アクティフ?・エアロタ?イナミクスは、車両の走行負荷を低減することにより、燃費効率や排出カ?ス削減へのニース?へのさらなる取り組みにつなか?る。マク?ナのアクティフ?・エアロタ?イナミクス技術は、ここ数年て?大幅に成長し、今て?は、1千万台以上のアクティフ?・ク?リル・シャッターシステムか?量産・採用されている。コンハ?クトカーから商用車まて?、全ての車両に適用可能なアクティフ?・アンタ?ーホ?テ?ー、アクティフ?・ホイール・テ?フレクター、アクティフ?・リア・テ?ィフューサ?ーなと?、マク?ナのエアロタ?イナミクス製品イノヘ?ーションは他にもある。

 マク?ナは、中国に55の生産拠点と13のエンシ?ニアリンク?センターか?あり、2万2千名以上の従業員を擁する。また、マク?ナは、51Job.com や Zhaopin.com て?「Employer of Choice(魅力か?あるとして選は?れる企業)」にも選は?れた。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)