住友ゴム工業:デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開

住友ゴム工業:デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開

記事画像

住友ゴム工業は、従来のタイヤ販売にとどまらず、直接式TPMS(Tire Pressure Monitoring System:タイヤ空気圧監視システム)を使ったタイヤ空気圧管理ソリューションの展開や、他のデジタルツールを用いて得られるさまざまなタイヤデータを利用したソリューションシステムの構築のため、このたび、トライポッドワークス、SYSGRATIONの2社との基本業務提携契約を締結した。

 MaaS(Mobility as a Service)の発展により、カーシェアリング、ライドシェアなど、車の所有から使用への転換が進んでいる。また、自動運転や隊列走行などの急速な技術進展により、近い将来にドライバーレスが想定されている中、タイヤ管理の自動化や予知保全サービスの提供など、タイヤ管理、車両管理ソリューションがさらに重要となってくると考えられる。こういった自動車業界の変化に対応するため、住友ゴム工業はオープンイノベーションによるデジタルツールの活用により、新たなサービスを創出し、顧客に提供していく。

 今回の基本業務提携は同社の掲げるタイヤ技術コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」に、デジタルツールを用いて得られるさまざまなデータを利用した新たなソリューションサービスの領域を追加し、拡張していく一環となるもの。今後、直接式TPMSなどのデジタルツールを使って得られる、タイヤ空気圧・温度データを活用したタイヤ空気圧管理ソリューションサービスの展開を行う。その後、デジタルツールの機能追加、外部サービスとの連携を実施することで、タイヤ管理ソリューションモデルを段階的に拡張していく予定。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)