ホ?ルク?ワーナー:クラス随一のオンホ?ート?ハ?ッテリーチャーシ?ャーて?EVシステムにおけるリータ?ーシッフ?を強化

ホ?ルク?ワーナー:クラス随一のオンホ?ート?ハ?ッテリーチャーシ?ャーて?EVシステムにおけるリータ?ーシッフ?を強化

記事画像

ホ?ルク?ワーナーは同社の技術ホ?ートフォリオに、フ?ラク?インハイフ?リット?車とヒ?ュア EV 向けの最新製品「オンホ?ート?ハ?ッテリーチャーシ?ャー(OBC)」を追加する。

 当製品は、先駆的なシリコンカーハ?イト?技術を用いることて?、クラス最高の電力密度と電力変換効率、安全規制の順守を実現する。OBCはハイフ?リット?車や電気自動車に搭載され、送電網から送られる交流電源(AC)を、充電に用いる直流電源(DC)に変換する。なお、7.4kW、11kW、22kWの定格電力を含む幅広い範囲の AC 入力に対応し、オフ?ションて? 2.3~3.6 kW の DC/DC コンハ?ーターを内蔵している。さらに、あらゆる化学ハ?ッテリーおよひ?400V、650V、800Vの電圧に対応することか?て?きる革新的な製品とした。

 ホ?ルク?ワーナーのOBCの充電能力と機能は多岐に渡る。定格7.4kWの充電力を持つOBCは、1.8kW、3.3kW、およひ?6.6kWの充電力にも使用て?き、送電網からの単相電源を使用する。また、定格充電力11kWのOBCは三相ク?リット?電源の高速充電方式て?より効率的て?、定格22kWのOBCは、三相電源て?より一層効率的て?迅速な高速充電か?可能。

 ホ?ルク?ワーナーのOBCは米国、EU、日本、中国等の多くの国や地域の規格を満たすように設計されています。メイン入力とDC出力の間の絶縁性能か?良く、防水かつ防塵て?ISO 26262の安全規格に対応し、液冷式のIP6K96エンクローシ?ャーに収容されている。適用拡大に向けて、ホ?ルク?ワーナー のエンシ?ニアリンク?チームは出力密度、充電力、効率、体積重量、力率、そしてさまさ?まな国や地域の基 準への安全基準適合に対しさらなる改善を目標にしている。

 ホ?ルク?ワーナー・モールスシステムス?の社長兼事業本部長て?あるシ?ョエル・ウィカ?ート氏(Joel Wiegert)は「イタリアのルーコ?にある当社の技術センターて?は、妥協することなく、世界の電気自動車およひ?ハ イフ?リット?車の市場に適した車載ハ?ッテリー充電器の設計開発に取り組んて?います。最新のシリコンカー ハ?イト?技術による製品の最高電力変換効率による省エネルキ?ー化の実現と、自動車メーカーおよひ?エン ト?ユーサ?ーの皆さまに幅広い選択肢を提供て?きることを誇りに思います」と述へ?ている。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)