アウディ2.0TFSIがインターナショナルエンジンオブザイヤーを受賞!

アウディ2.0TFSIがインターナショナルエンジンオブザイヤーを受賞!

記事画像

アウディの直噴ターボのテクノロジー、TFSIは、2004年の登場以来、世界中で高く評価されているエンジン技術だ。今年も2.0TFSIがインターナショナルエンジンオブザイヤーを獲得。これでTFSIエンジンは15年連続受賞という快挙である。

アウディの2.0TFSIエンジンがインターナショナル エンジン オブ ザ イヤーを受賞した。これは70名の多国籍な専門家の投票によって選出されるもので、2.0TFSIは150~250hpカテゴリーのクラスアワードを受賞したアウディのTFSIにとっては15年連続での受賞となる。

TFSIは直噴ターボ技術を搭載したエンジンのことで、アウディは2004年に直噴システムとターボ技術を組み合わせて量産を開始した。受賞した2.0TFSIは現在10のモデルに搭載されており、最高パワーは245hpに達している。

選考委員は2.0TFSIを「これまで見た中で最もフレキシブルで多用途に適用できるエンジンだ」と評価した。

これを受けてアウディの技術担当役員であるハンス ヨアヒム ローテンピーラーは
「このエンジンの適用範囲の広さを理由に受賞したのは大変喜ぶべきことです。このユニットは純粋なガソリンパワートレインだけではなく、プラグインハイブリッドのベースとしても使いますし、天然ガスやアウディe-gasにも使用可能なのです」
とコメント。

事実、この2.0TFSIは2019年のジュネーブショーにおいて電動モーターと組み合わせてQ5プラグインハイブリッドとして展示され、また天然ガスを使用したg-tronモデルにも使用されている。

2004年の登場から15年連続受賞とは、つまりTFSIは同賞において毎年クラスウィンに輝いているということになる。来年以降もこの記録が続くことになるのか、注目したい。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)