日本人なら侍グラフィック! Kabuto AEROBLADE-5の新柄は「SAMURAI」

日本人なら侍グラフィック! Kabuto AEROBLADE-5の新柄は「SAMURAI」

記事画像

オージーケーカブト(Kabuto)は、フルフェイスヘルメットの「AEROBLADE-5(エアロブレード・5)」に、新グラフィッック「SAMURAI(サムライ)」を追加し、7月上旬に発売する。価格は3万5000円(税別)。

Kabuto AEROBLADE-5 SAMURAI……3万5000円(税別)

 新グラフィックのサムライは、そのモデル名が示すとおり日本の侍がモチーフ。兜をかぶり、形相は武者そのもの。さらに手裏剣をはじめとした武器を想起させるような模様をあしらうなど、和の攻撃性と力強さを表現。ストリートファイターはもちろん、スーパースポーツにも似合うグラフィックとなっている。

 サイズ展開はXS、S、M、L、XL、XXLの6サイズで、カラーはこの1色のみの設定。

機能性・快適性を十分に備えながらリーズナブルなAEROBLADE-5

 ベースとなっているエアロブレード・5は、軽量・コンパクトなフルフェイスヘルメット。シンプルだが空力特性と安全性を高めた帽体をはじめ、曇りを防止するピンロックシートが装着可能なシールド、ベンチレーションシステム、メガネに対応したチークパッドといった機能性も高く、ビギナーからベテランも満足できる設計としている。

AEROBLADE-5 SAMURAI概要

発売時期:2019年7月上旬
価格:3万5000円(税別)
サイズ:XS(54-55cm)/S(55-56cm)/M(57-58cm)/L(59-60cm)/XL(61-62cm未満) /XXL(62cm以上)
規格:JIS
同梱品:ウインドシャッターNo.3

<AEROBLADE-5の主な機能と特徴>
・優れた耐貫通性と衝撃吸収性を兼ね備えた帽体(高強度複合素材帽体 A.C.T.-EVO採用)。
・細かなフィッティングに対応し、小型・軽量を実現する4種類の専用設計帽体。
・高い機密性と静粛性を保つシールドシステム(2軸構成DAFラチェットと3D形状の DAF-1シールドを採用)。
・グローブをはめたままでも操作しやすいシールドロック機構(大型のボタンを顎部中央に配置)。
・高いフィット感と着脱のしやすさを両立する広がりやすいアンダートリム形状。
・曇りを防止するシールドの拡張パーツ「100% MAX VISION DAF Pinlock? Original Insert Lens」を装着可能。
・清潔・快適で肌に優しい内装生地「COOLMAX?」を採用。さらにインナー、チーク、顎紐カバーのフル脱着が可能。
・簡単で確実、微調整も可能なラチェット「ダブルアクションタイプ・マイクロラチェットバックル」を採用。
・メガネやサングラスもかけやすいチークパッド形状。
・Kabuto独自のサイドアウトレットトリム(PAT.No.5848774)により、負圧を利用してチークパッド内部の熱を放出。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)