ベントレー100周年を記念した、コンチネンタルGTコンバーチブルの限定車が登場!

ベントレー100周年を記念した、コンチネンタルGTコンバーチブルの限定車が登場!

記事画像

デビューしたばかりのコンチネンタルGTコンバーチブルに、限定モデルが登場した。ベントレー100周年を記念した仕様で、世界限定100台、日本には3台が導入予定だという。

今年創立100周年を迎えるベントレーは、それを記念した限定モデルをリリースしているが、その最後を締めくくる限定車「ナンバー1エディション・バイ・マリナー」が発表された。コンチネンタルGTコンバーチブルをベースに、1929年に登場したレーシングマシン「No.1 Bentley Blower」をイメージした装備を施したものだ。

18金めっきのフェンダー・バッジとジュエルフィラー・キャップ、オイル・キャップを装着し、フロントグリルには「1」がペイントされる。ホイールはクリケットボール仕上げかグロスブラック仕上げの22インチMDS(マリナードライビングスペシフィケーション)だ。

またインテリアにはコンチネンタルGTの特徴であるローテーションディスプレイに記念の印が装着されている。これはホイールスピナーを思わせるデザインで、レストアの際に外されたNo.1モデルのピストンから鋳造されたものだという。

他にもヘリテージ・ハイド仕様のシートとドアパッドにはBがエンボス加工され、グランドブラックのウッドベニヤ、18金めっき仕様のオルガンストップ、アルカンターラのステアリングとシフトノブが装備される。さらに「1」があしらわれたイエーガー製クロック、エンジン・スピン加工を施したダッシュボードのアルミパネルなども装着されている。

さらにこの限定モデルにはブラックライン仕様やカーボン・ボディキットが装着されており、エクステリアカラーはドラゴンレッドUまたはベルーガで、ソフトトップのカラーはクラレットまたはベルーガが用意される。

この「ナンバー1エディション・バイ・マリナー」は100台限定で生産され、日本には3台が輸入される。価格は3549万2800円で、2020年第二四半期にデリバリーが予定されているという。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)