ホ?ルク?ワーナー、R2S過給システムにより燃費レヘ?ル向上を実現

ホ?ルク?ワーナー、R2S過給システムにより燃費レヘ?ル向上を実現

記事画像

 ホ?ルク?ワーナーの内燃機関技術におけるク?ローハ?ルリータ?ーとしての評価は、BMWク?ルーフ?の最新車両モテ?ルのほとんと?に搭載される最新2.0L直列4気筒TwinPower Turboテ?ィーセ?ル エンシ?ンに、ホ?ルク?ワーナーの革新的なRegulated 2-Stage(R2S)過給システムか?採用されていることにより裏付けられている。当製品は、低圧段に可変ターヒ?ンシ?オメトリー(VTG)ターホ?チャーシ?ャーと、高圧段にウェイストケ?ート付きターホ?チャーシ?ャーを組み合わせており、BMWク?ルーフ?の要求に応し?て特別に設計されている。このシステムは、性能の向上、排出カ?スの低減、燃費の改善を最良の組み合わせて?実現て?きるように最適化されている。ホ?ルク?ワーナーの技術は、厳しさを増す世界各地の排出カ?ス規制適合に貢献しており、欧州て?はEuro 6d-TEMP基準の要件を満たせるよう完成車メーカーをサホ?ートする。

 極めて革新的なホ?ルク?ワーナーのR2S過給システムは、コンハ?クトなハ?ッケーシ?にウェイストケ?ート付 きターホ?チャーシ?ャーとVTGターホ?チャーシ?ャーを直列に配置している。エンシ?ンマッフ?全体にわたって最適な給気を実現し、適正な燃焼に必要な過給を維持することて?、排出カ?スの低減と燃費の改善を実現する。電動アクチュエータは、ターホ?チャーシ?ャーの案内翼を精密に調節し、ターヒ?ンホイールの入り口て?流入角と速度を制御する。その結果、VTGターホ?チャーシ?ャーて?は、ターヒ?ンの断面積か?継続的にエンシ?ンの作動状態に適応して変化し、出力の最適化を図る。この技術は、熱力学上の改善と迅速な過給圧上昇を可能にすることて?、優れた過渡応答性能と瞬時の加速を提供し、走りの楽しさを大幅に向上させる。

 ホ?ルク?ワーナー・ターホ?システムス?の社長兼事業本部長のシ?ョー・ファト?ゥール氏(Joe Fadool)は、「当社の業界をリート?するR2S過給システムは、完成車メーカーか?排出カ?スの低減と燃費の改善を実現て?きるようサホ?ートします。BMWク?ルーフ?には当社の先進技術を20年にわたって供給しており、同ク?ルーフ?のほとんと?の車両にR2S過給システムを供給することを通し?て、良好な関係をいっそう強化て?きることをうれしく思います」と述へ?ている。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)