レンジローバーに15台の限定車「SVOデザイン・エディション2019」 が登場!

レンジローバーに15台の限定車「SVOデザイン・エディション2019」 が登場!

記事画像

7月18日、ジャガー・ランドローバー・ジャパンはレンジローバーに特別仕様車「レンジローバーSVOデザイン・エディション2019」を設定し、15台限定で発売すると発表。同日より受注を開始した。消費税込みの車両価格は1874万7277円だ。

SVOによる特別仕立ての内外装を採用

 この特別限定モデルは、3.0LV型6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する「レンジローバー・ヴォーグ」をベースに、同社のハイパフォーマンスモデルやビスポークプログラムを担当する「SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)」が設計・開発を手がけたボディキット「SVOデザインパック」を装備しているのが大きな特徴だ。

 SVOデザインパックは、フロントバンパーをはじめ、フロントグリルやサイドベント、サイドシル・クローティング、リヤバンパーで構成。特別感の高いアピアランスを実現している。

 この特別限定モデルではさらに、コントラストルーフやブラックエクステリアパックと9スプリットスポークタイプの22インチアロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)を組み合わせ、精悍なスタイルを一層際立たせている。

 内外装のカラーコンビネーションは、「バイロン・ブルーのボディ×ネイビー&アイボリーのインテリア」、「コリス・グレイのボディ×エスプレッソ&アーモンドのインテリア」、「フジ・ホワイトのボディ×エボニー&アイボリーのインテリア」の3パターンを設定。

 また、電動サイドステップやフロントシートのクーラーボックス、20ウェイ電動シート(前席シートクーラー&ヒーター/後席後席電動リクライニング&ヒーター付き)、Android AutoやApple CarPlayに対応する「スマートフォンパック」を装備し、快適性と利便性も兼ね備えている。

 さらに、レーンキープアシスト、アダプティブ・クルーズ・コントロール(キューアシスト/ステアリングアシスト付き)、360°サラウンドカメラ、パークアシスト機能を含むドライバーアシストパックも採用し、ドライバー支援システムも充実したものとなっている。

●「レンジローバーSVOデザイン・エディション2019」特別装備
・3パターンの内外色の組み合わせ(バイロン・ブルー×ネイビー&アイボリー/コリス・グレイ×エスプレッソ&アーモンド/フジ・ホワイト×エボニー&アイボリー)
・SVOデザインパック (フロントバンパー/フロントグリル/サイドベント/サイドシル・クローティング/リヤバンパー)
・コントラストルーフ(ブラック)
・パノラミックルーフ(パワーサンブラインド付き)
・ブラックエクステリアパック
・シグニチャー付ピクセルLED ヘッドライト
・22インチ9スプリットスポーク“スタイル9012”(グロスブラックフィニッシュ)
・20ウェイ電動シート(前席ヒーター&クーラー/後席電動リクライニング&ヒーター)
・ウッド&レザーステアリングホイール
・イルミネーション付アルミトレッドプレート("Range Rover" 文字入り)
・ブライトメタルペダル
・フロントセンターコンソールクーラーボックス
・ヘッドアップディスプレイ
・ドライバーアシストパック
・スマートフォンパック
・電動サイドステップ

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)