まるでナイトライダー! ついに人間が監視しなくても駐車が可能に!

まるでナイトライダー! ついに人間が監視しなくても駐車が可能に!

記事画像

ホ?ッシュとタ?イムラーによる自動ハ?レーハ?ーキンク?か?、世界初となるSAE レヘ?ル4のト?ライハ?ーレス完全自動駐車機能として関係当局から承認された。ホ?ッシュか?インフラを、タ?イムラーか?車両技術を提供し、まずはシュトゥットカ?ルトにあるメルセテ?ス・ヘ?ンツ博物館の駐車場て?日常的に利用されるシステムに適用されるという。

 シュトゥットカ?ルトにあるメルセテ?ス・ヘ?ンツ博物館の駐車場に設置した自動ハ?レーハ?ーキンク?について、ハ?ーテ?ン・ウ?ュルテンヘ?ルク州の関係当局から承認を受け、自動運転に向けたひとつのマイルストーンを達成することになった。

 この自動ハ?レーハ?ーキンク?サーヒ?スはスマートフォンのアフ?リケーションからアクセスするた?けて?利用て?き、安全を監視するためのト?ライハ?ーは不要になる。

 これにより、世界初となるSAEレヘ?ル 4のト?ライハ?ーレス 完全自動駐車機能の日常利用か?正式に承認されることになったのだ。

「関係当局のこの決定により、自動ハ?レーハ?ーキンク?のような革新技術をト?イツて?初め 利用て?きるようになりました」とホ?ッシュ取締役会メンハ?ーのマルクス・ハインは述へ?た。

「ト?ライハ?ーレスの運転と駐車は、未来のモヒ?リティの重要な構成要素て?す。自動ハ?レーハ?ーキンク?は、私たちか?この開発路線に沿ってと?れた?け歩みを進めたかを如実に示したものた?と言えます」

「ハ?ーテ?ン・ウ?ュルテンヘ?ルク州の関係当局からこの承認を受けたことて?、世界中の駐 車場の駐車サーヒ?スについて今後承認を受けるための重要な前例となるて?しょう」と述へ?るのは、タ?イムラー て?運転テクノロシ?ーと自動運転の責任者を務める Michael Hafner 氏だ。

「自動運転のハ?イオニアて?ある私たちのフ?ロシ?ェクトは、自動ハ?レーハ?ーキンク?か?今後量産体制に移行する道筋をつけることになりました」

 ホ?ッシュとタ?イムラーか?ト?ライハ?ーレス駐車サーヒ?スフ?ロシ?ェクトの立ち上け?当初から最も重視しているのか?安全性だ。

 ト?ライハ?ーレス自動運転機能の正式な承認手続きに入る前から、シュトゥットカ?ルトの行政当局とハ?ーテ?ン・ウ?ュルテンヘ?ルク州交通省は、ト?イツの技術検査協会て?あるラインラントTU?V のスヘ?シャリストたちとともに自動バレーハ?ーキンク?の動作安全性を評価するためにフ?ロシ?ェクトを当初から監督していたという。

 その結果、このハ?イロットフ?ロシ?ェクト以外にも適用て?きる適切な試験と承認基準を含めた包括的な安全性コンセフ?トか?生まれることになった。

 このコンセフ?トて?開発者か? 定義したのは、無人運転車両か?歩行者や他の車両をと?のように検出し、障害物に遭遇 した時に確実に停止するのかということである。また、すへ?てのシステムコンホ?ーネント間の安全な通信を確立し、駐車動作か?確実に行われるための措置も講し?たという。

 自動ハ?レーハ?ーキンク?て?は、駐車場の所定の位置まて?乗り入れたら、ト?ライハ?ーはそこて?降車し、スマートフォンの画面をタッフ?するた?けて?車両か?駐車スヘ?ースに自動で入っていくのて?、ト?ライハ?ーか?運転する必要はない。

 ト?ライハ?ーか?駐車場を出ると、すく?に車両は割り当てられたスヘ?ースに移動して駐車します。 帰る時も、所定の位置にト?ライハ?ーか?来れは?、車両か?その位置まて?自動的にやってくる。

 このフ?ロセスは、ホ?ッシュか?提供したインテリシ?ェントな駐車場インフラと、 メルセテ?ス・ヘ?ンツか?提供した車両技術の相互作用によって実現したという。駐車場内に設置されたホ?ッシュのセンサーか?、ト?ライハ?ーの代わりに駐車スヘ?ースまて?の経路や周囲の状況を監視し、車両の誘導に必要な情報を提供する役目を果たす。

 そして車両側に組み込まれたテクノロシ?ーか?、インフラからの指示を運転操作に変換する。車両はスローフ?を上ったり下ったりしなか?ら駐車場の中を行き来し、インフラのセンサーか?障害物を検知した場合には、車両はたた?ちに停止するという。

 人間の監視下において自動駐車するシステムはすでに実用化しているが、見ていなくても勝手に駐車してくれ、しかも駐車スペースから自動でドライバーのもとに戻ってきてくれるとは……ナイトライダーの世界がまた一歩近づいたようだ。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)