三菱自動車のタイ工場が累計輸出台数400万台を達成

三菱自動車のタイ工場が累計輸出台数400万台を達成

記事画像

7月31日、三菱自動車はタイの工場における累計輸出台数が400万台に達したことを発表するとともに、同国チョンブリー県レムチャバン港で意念式典を開催した。

「三菱自動車にとってタイを中心としたアセアン地域は最重要地域。今後も活動を拡充してまいります」(益子会長)

 三菱自動車は1961年、タイで販売会社を設立。1964年に生産事業をスタートさせ、1988年に自動車メーカーとして初めて同国からの輸出を開始した。昨年には同国で生産した44万台のうち、約80%が輸出向けとなっている。

 現地の生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)は現在、同県レムチャバンに3つの生産工場とひとつのエンジン工場を有しており、日本国外の生産拠点としては最大規模。合計7000名以上の従業員に加え、数多くの関係者を含むサプライチェーンを形成している。

 三菱自動車の益子 修会長は、「三菱自動車にとって、タイを中心としたアセアン地域は最重要地域であり、それぞれの国のお客様に求められる製品づくり、雇用、人材育成、投資、現地生産、輸出など事業を通じた地域への貢献とともに、地域に求められる社会貢献活動に取り組んでまいりました。今後も地域と共に発展していけるよう、アセアン地域での活動を拡充してまいります」とコメント。

 三菱自動車は、「グローバル活動において、タイはますます重要な拠点となっています。今回の累計輸出台数400万台達成は、今後の継続的な成長やタイにおける生産台数拡大への通過点と捉え、同社のビジネスの基盤であるアセアン諸国における活動強化を担う主力地域として、引き続きタイに注力してまいります。」と改めて方針を強調している。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)