ボルボが「きくち体操」とコラボ───安全運転を啓蒙する特設サイト「カラダ点検体操」を公開

ボルボが「きくち体操」とコラボ───安全運転を啓蒙する特設サイト「カラダ点検体操」を公開

記事画像

ボルボ・カー・ジャパンは8月5日より、安全運転啓発活動の一環として、「きくち体操」の創始者、菊池和子氏による「カラダ点検体操」特設サイトを公開した。

Tik Tokを活用した「カラダ点検チャレンジ」もスタート

 「きくち体操」は、人の動きと健康を長年研究してきた菊池和子先生が始めたもので、人体の仕組みに沿った健康に直結する動き方を模索し、意識(脳)と筋肉、心と身体のあり方を、動かすことを通して発見し続け、命そのものである身体を生涯育み続ける独自の体操だ。

 以来、50年余りにわたり、幼児から高齢者まで、あらゆる年齢層の健康の獲得に貢献、高い信頼を得ている。現在は川崎本部のほか、東京、神奈川などの直営スタジオ、首都圏、名古屋、関西のカルチャーセンターなどで教室を開いている。

 そんな菊池先生が監修する「カラダ点検体操」は、人が運転する以上、ドライバーの安全運転認識はこれからも大切であるという想いから考案。脳と筋肉つながりを意識して動かすことで自分のイメージ通りに身体を動かせるようになり、クルマの運転においてもミスを減らすことが狙いだ。

 また、運転免許取り立ての方からベテランドライバーまで、幅広い世代にこの体操を広めるべく、8月5日からショートムービープラットフォームの「Tik Tok(ティックトック)」を活用し、「カラダ点検チャレンジ」と銘打った「ハッシュタグチャレンジ」もスタートしている。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)