F1テイストのスペシャルモデル

F1テイストのスペシャルモデル

記事画像

Speed and Intelligenceをコンセプトとしたカシオの高機能メタルウォッチ「エディフィス」から、「Honda Racing」とのコラボモデル第2弾が登場。10月18日に発売される。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)問い合わせ:カシオ電話:03-5334-4869

エディフィス EQB-1000HRS……11万円(税抜)

エディフィス EQB-1000HR……6万2000円(税抜)

 Honda Racingとエディフィスはともに日本で生まれ、高度な技術を追い求める精神を有していることから2018年10月に初めてのコラボモデル「EQS-800HR」をリリース。今回はその第2弾となるもので、Honda Racing協力の下、ホンダの四輪モータースポーツの技術開発を行う研究所・HRD Sakuraと共同で開発が進められたという。
 ラインアップされるのは素材にもこだわったハイグレードモデルの「EQB-1000HRS」とスタンダードモデルの「EQB-1000HR」の2種類。

 EQB-1000HRSは実際にF1エンジンのバルブに使用されているチタンアルミナイドをベゼルの素材として採用。さらにエンジン内部に実際に行われているダイヤモンドライクカーボン(DLC)加工をベゼル表面に施し、耐摩耗性に優れた外装としている。

 両モデルともにベースモデルとしているのは、タフソーラーとスマートフォンリンク機能を搭載した薄型クロノグラフ「EQB-1000」だが、文字盤にはエンジンシリンダーの中で点火した瞬間の燃焼をイメージして赤と黒のグラデーションカラーが使用されている。

 また、文字盤や裏蓋、EQB-1000HRSのバンド部には「Honda Racing」のロゴをデザインし、ホンダ製パワーユニットとそれを搭載する「Scuderia Toro Rosso」のF1カーの写真がレイアウトされたカードを同梱。プレミアム感を加えている。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)