よこはま動物園ズーラシアと里山ガーデンを結ぶ全長約900m

よこはま動物園ズーラシアと里山ガーデンを結ぶ全長約900m

記事画像

相鉄グループの相鉄バスと群馬大学は「里山ガーデンフェスタ2019秋」の開催期間となる2019年9月14日(土)から10月14日(月・祝)まで大型路線バスを使用した自動運転の第1回実証実験を実施する。大型バスを使用した営業運行での自動運転の実証実験としては、日本で初めて。

 相鉄バスと群馬大学は2019年4月に大型バスの自動運転に関する共同研究契約を締結し、大型バスの自動運転「レベル4」による営業運転を目指している。相鉄バスでは、就労人口の減少に伴う運転士不足への対応として自動運転技術の導入が不可欠と考えており、より安全な運行サービスを提供することで乗客の利便性向上が図られることから、迅速な技術導入を目指す。群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターでは、大型バスの自動運転適用における課題解決や運行実務に即した技術の実現により、自動運転「レベル4」の実用化につなげたいと考えている。この共同研究により、営業路線を中心に、大型バスの自動運転による実証実験を継続的に実施。群馬大学の技術提供により、相鉄バスがバス事業者としては、日本初となる大型バスの自動運転車両を自社所有し、自動運転「レベル4」による営業運転を目指す。

 今回の実証実験は、大型路線バスでの自動運転適用における課題の解決や、地域における自動運転の機運の醸成を図ることを目的とし、また、横浜市の「I・TOP横浜路線バス自動運転プロジェクト」としても、郊外部における交通ネットワークの維持や、人口減少に伴う労働力不足への対応を目的に、自動運転バスによる地域交通課題の解決を目指すもの。今回は、実際に利用者が乗車し、よこはま動物園ズーラシアと里山ガーデンフェスタ会場をつなぐ全長約900mを運行する。

実証実験のポイント
・【日本初】大型バスによる営業運行での自動運転実証実験を実施
・【日本初】大型バスの自動運転車両をバス事業者(相鉄バス)が保有
・自動運転の社会実装に向け、より多くの利用者に自動運転の体験機会を提供
・大型バスでの自動運転適用における課題および運行実務に即した技術の検証
・自動運転「レベル4」を指向し、今後もさまざまな環境で継続的に実施予定

【自動運転実証実験の概要】
開催期間:2019年9月14日(土)〜2019年10月14日(月・祝)の各週金曜日〜月曜日
運行時間:10時台~16時台1日16往復予定(時速約20kmで走行)
 ※ 初日(2019年9月14日)は14時台から運行予定
コース:よこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口間(約900m)
運賃:無料(里山ガーデンフェスタ実行委員会より受託し、貸切営業として運行)
車両:相鉄バス所有の自動運転バス(大型ハイブリッドバス)
定員:各便25名を予定(先着順)
自動運転:レベル2
 ※ 専門教育を受けた相鉄バスの運転士による、安全確保を最優先にした自動運転
 ※ 安全確保に支障を及ぼすおそれがある場合は、手動運転を実施する

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)