スマートバリュー、スズキ、丸紅:カーシェアリングサービスの実証実験契約を締結

スマートバリュー、スズキ、丸紅:カーシェアリングサービスの実証実験契約を締結

記事画像

スマートバリュー、スズキ、丸紅の三社は、2019年9月3日(火)、大阪府豊中市において、スズキ四輪代理店の駐車場と、シェアリングサービスに用いられるシェアリング駐車場を活用した、郊外型カーシェアリングサービスの実証実験に関する契約を締結した。

 今回実施する実証実験の内容は以下の通り。

・スマートバリューが開発した、クルマのサービス化を推進するプラットフォーム「Kuruma Base」を活用した、カーシェアリングサービスの構築と利用情報の共有
・スズキ四輪代理店周辺地域のシェアリング駐車場、及びスズキ四輪代理店へのカーシェアリング用車両の配置

 今回の実証実験を通し、スマートバリューは自社サービス「Kuruma Base」の認知を高めるとともに、カーシェアリング事業のニーズを調査する。スズキは「Kuruma Base」から得られる利用情報を分析することで、カーシェアリングサービスに関するノウハウ・知見の蓄積や潜在顧客の発掘など、将来事業展開におけるカーシェアリングサービスの検証を行う。また丸紅は、「CASE」分野における取り組みの一つとして、カーシェアリングサービスの知見を蓄積することで、自動車産業が変革しシェアリングエコノミーが進展する社会において、新たなビジネスの可能性を探求する。

 ・開始時期:2019年秋予定
 ・実験期間:約1年間
・実験エリア:大阪府豊中市
 ※具体的なサービスにつきましては、決まり次第お知らせします。

 実証実験では、郊外住宅地における自宅近くの日常生活用途をターゲットに、気軽に乗れるスズキのコンパクトカーを使ったカーシェアリングサービスを提供。あわせて、スズキは四輪代理店であるスズキ自販近畿 アリーナ豊中でカーシェアリングサービスを導入し、顧客へのサービス向上を図る。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)