高精細な配光制御で交通事故低減に貢献

高精細な配光制御で交通事故低減に貢献

記事画像

小糸製作所は、世界初のヘッドランプシステム「ブレードスキャンADB」を開発、実用化した。

 夜間における交通事故防止を目指して、小糸製作所は、ハイビームの照射範囲を走行状況に応じて自動制御し、対向車や前走車に眩しさを与えることなく、夜間走行の前方視界を良好にするヘッドランプシステム「ADB:Adaptive Driving Beam」の開発に取り組んできた。現在主力となっている複数のLEDを個別に点消灯することで配光を制御する「アレイADB」を実用化するなど、ADBの普及を進めている。

 今回開発の「ブレードスキャンADB」は、高速回転する2枚のブレードミラー(リフレクタ)にLEDの光を照射し、光の残像効果を用いて前方を照射する方式。ブレードミラーの回転に合わせて12個のLEDの点消灯を制御することにより、300個のLEDを使用するのと同等の高精細な配光を実現、対向車や前走車に対する遮光範囲を極めて小さくすることが可能となる。これにより、対向車や前走車の近傍や車両間のスペースを照射することができ、対向車側から歩行者が横断する際など、歩行者の早期発見につながり、交通事故低減に貢献する。

「ブレードスキャンADB」は、トヨタ自動車の新型「レクサスRX」に採用された。なお、トヨタ自動車では、AHS:Adaptive High-beam System と呼称している。今後、「アレイADB」と併せてADBの更なる普及拡大を目指す。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)