フォルクスワーゲンがブランドロゴを一新! フラットな二次元デザインを採用【フランクフルトモーターショー2019】

フォルクスワーゲンがブランドロゴを一新! フラットな二次元デザインを採用【フランクフルトモーターショー2019】

記事画像

フォルクスワーゲンは、フランクフルトモーターショー2019の開幕前夜に新しいブランドロゴを発表した。

フォルクスワーゲンの新しい時代の始まりを示す

 「新しいブランドデザインは、フォルクスワーゲンの新しい時代のはじまりをしましています。フォルクスワーゲンブランドは、新たな活動や新しい製品の導入により、すべての人々にカーボンニュートラルな未来を提供するための抜本的な変革を遂げています。」と、同社のセールスマーケティングおよびアフターセールス担当取締役を務めるユルゲン・シュタックマンは説明する。

 社内のデザインおよびマーケティングチームが共同で開発されたこの新しいブランドロゴは、同ショーで世界初公開された新型ピュアEV「ID.3」とともにデビュー。フラットな二次元デザインの新しいロゴは、よりクリアで無駄のないでデザインが特徴だ。

 ドイツ・フォルフスブルグ本社ビルに設置された新しいロゴの点灯を合図に、今後、各拠点やディーラー、関連施設で使用。2020年の半ばまでには全世界171都市の1万におよぶディーラーやサービスパートナーで新しいロゴが掲げられる。

 これまでのロゴは、ブルーとホワイトを組み合わせたものだったが、新しいロゴには、新しいブルーのトーンが追加され、追加のカラーバリエーションも認められている。近年、シンプルで使いやすいインターフェイスを備えたデジタル アプリケーションの重要性が非常に高まっているため、将来的にこのロゴは、新しい「ムービング フレーム」と呼ばれる枠の中に柔軟に配置することができるようになる。

続きを読む記事テキスト

関連記事(外部サイト)